臨床データから読み解く理学療法学
  • 有料閲覧

臨床データから読み解く理学療法学

筆頭著者 中山 恭秀 (編著) 東京慈恵会医科大学附属病院リハビリテーション科 技師長 その他の著者 安保雅博 南江堂 電子版ISBN 978-4-524-24143-9 電子版発売日 2017年7月31日 ページ数 184 判型 B5 印刷版ISBN 978-4-524-25498-9 印刷版発行年月 2017年5月

書籍・雑誌概要

理学療法の対象となる重要な7疾患に対して、東京慈恵会医科大学グループが厳密な評価手法のもと蓄積した臨床データから典型的な疾患像・経過をまとめ、さらに国内外の文献データとの共通点や差を分析。臨床現場における「よくある疑問」に対してエビデンスに裏打ちされた回答を提供し、日々の理学療法評価の実施における明快な指針となる実際書。各施設で応用可能な疾患別評価票付き。

目次

【内容目次】
本書を使用する前に
第1章 臨床データから読み解く主要疾患の理学療法
 1.脳卒中に対する理学療法
  A 定義
  B 基礎データ
  C 採用している評価項目とレビュー
  D 臨床データ
  E 理学療法関連学会における潮流
 2.人工股関節全置換術(THA)後の理学療法
  A 定義
  B 基礎データ
  C 採用している評価項目とレビュー
  D 臨床データ
  E 理学療法関連学会における潮流
 3.人工膝関節全置換術(TKA)後の理学療法
  A 定義
  B 基礎データ
  C 採用している評価項目とレビュー
  D 臨床データ
  E 理学療法関連学会における潮流
 4.大腿骨頚部・転子部骨折に対する理学療法
  A 定義
  B 基礎データ
  C 採用している評価項目とレビュー
  D 臨床データ
  E 理学療法関連学会における潮流
 5.パーキンソン病に対する理学療法
  A 定義
  B 基礎データ
  C 採用している評価項目とレビュー
  D 臨床データ
  E 理学療法関連学会における潮流
 6.急性心筋梗塞に対する理学療法
  A 定義
  B 基礎データ
  C 採用している評価項目とレビュー
  D 臨床データ
  D 理学療法関連学会における潮流
 7.廃用症候群に対する理学療法
  A 定義
  B 基礎データ
  C 採用している評価項目とレビュー
  D 臨床データ
  E 理学療法関連学会における潮流
第2章 疾患別評価集
 1.脳卒中
 2.人工股関節全置換術(THA)
 3.人工膝関節全置換術(TKA)
 4.大腿骨頚部・転子部骨折
 5.パーキンソン病
 6.急性心筋梗塞
 7.廃用症候群
索引

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る