書籍を検索します。雑誌文献を検索する際には「雑誌文献検索」を選択してください。

検索

カテゴリから選ぶ

薬物療法に活かす 糖尿病を聴く技術と話す技術

薬物療法に活かす 糖尿病を聴く技術と話す技術
本文を見る
  • 有料閲覧

筆頭著者 松本 一成 (著)

南江堂

電子版ISBN 978-4-524-22683-2

電子版発売日 2019年7月1日

ページ数 158

判型 A5

印刷版ISBN 978-4-524-24964-0

印刷版発行年月 2019年6月

書籍・雑誌概要

糖尿病薬の服薬やインスリン治療の導入で患者が抵抗感を示したとき、どうしていますか?本書は、コーチングを取り入れた対話法を実践している著者により、患者自身がやる気を出す対話のコツ、患者の背景や性格を考慮した薬剤選択・服薬指導のコツを解説。具体的な会話例で患者タイプ別の対応をマスターすれば、苦手な患者も怖くない。糖尿病療養指導・服薬指導に苦慮している医師・医療スタッフに新たな視点を与える。

目次

【内容目次】
序章 患者中心のアプローチ(Patient Centered Approach)をはじめよう1
 1 患者中心のアプローチはなぜ必要とされたか?
 2 本当の患者中心のアプローチを達成するためには?
 こんなやりとり,していませんか?
第1章 患者のやる気を引き出す対話法23
 1 あなたはなぜ患者の抵抗に遭うのか?~コーチングの基本的な考え方
  1)コーチングって…?
  2)コーチングとティーチングの使い分け
  3)あなたはなぜ患者の抵抗に遭うのか?
  4)答えは相手が決める
 2 4つの「タイプ分け」
 4つのタイプの特徴
  1)相手のタイプの見分け方
  2)糖尿病患者における「タイプ分けTM」
 3 患者のやる気を引き出す技法~行動療法とコーチング
  1)行動とは何か?
  2)行動変化ステージ(多理論統合モデル)
  3)ゴール設定が重要です
  4)患者の発言は否定しない
  5)患者のための質問のしかた
  6)承認で自己効力感を育てる
  7)「伝わる」情報を伝える
  8)反対の気持ちと賛成の気持ちを聞き出す
  9)重要度を高め自信をつける
  10)「できている」「できる」「できそうだ」に着目
  11)記録する,見える化する
第2章 タイプ別,患者の心をつかむ糖尿病服薬指導101
 1 内服薬
  1)ビグアナイド薬-インスリン抵抗性改善系(1)-
  2)チアゾリジン薬-インスリン抵抗性改善系(2)-
  3)スルホニル尿素(SU)薬-インスリン分泌促進系(1)-
  4)速効型インスリン分泌促進薬(グリニド薬)-インスリン分泌促進系(2)
  5)DPP-4阻害薬-インスリン分泌促進系(3)-
  6)α-グルコシダーゼ阻害薬-糖吸収・排泄調節系(1)-
  7)SGLT2阻害薬-糖吸収・排泄調節系(2)
 2 注射薬
  1)GLP-1受容体作動薬
  2)インスリン
索引

書籍・雑誌を共有

ツール

お気に入り登録
書誌情報ダウンロード

関連書籍