MRI安全性の考え方 第2版
  • 有料閲覧

MRI安全性の考え方 第2版

筆頭著者 日本磁気共鳴医学会・安全性評価委員会 (監修) 学研メディカル秀潤社 電子版ISBN 978-4-05-914748-0 電子版発売日 2016年6月6日 ページ数 292 判型 B5 印刷版ISBN 978-4-7809-0884-8 印刷版発行年月 2014年2月

書籍・雑誌概要

最新のIEC規格第3版に沿った内容に改訂!
7T MRIや進歩が著しい機器に関する安全のための報告事項、医薬品医療機器等法(旧・薬事法)などの現状にあった情報を掲載。
診療現場で役立つMRIの安全管理の知識が満載のテキスト。

目次

第1章 MRIの安全性
 ・MRIの安全性─総論
第2章 MRI装置の構造とイメージング原理
 ・MRIの原理と装置の構成
 ・7T MRIについて
第3章 電磁場の生体影響
第4章 物性評価の基礎
 ・磁化および磁化率の物理的な意味と測定方法
 ・誘電率と導電率の物理的な意味と測定の方法
第5章 国際基準に基づくMRI適合性評価
 ・国際基準に基づくMRI適合性評価
 ・ISO/TS10974 第1版について
第6章 IEC60601-2-33に基づく安全性評価
第7章 パルスシーケンス設計とMRIの安全性
第8章 コイルの安全性評価
第9章 MRI検査室の設計と運用
 ・MR施設の構造と安全
 ・MRI装置周囲のEMC(電磁適合性)
 ・MR手術室の設計,運用と安全
第10章 MRI検査の実務と安全
 ・MR検査を安全に行うために
 ・体内に医療器具,装置を留置した被検者の取り扱い
 ・患者への対応,安全確認について─臨床医の立場から─
第11章 造影剤の安全性
 ・造影剤の構造と分類,薬理作用
 ・MR用造影剤の副作用
第12章 医薬品医療機器等法との関連
 ・医療機器の規制とMRIの使用の安全確保
 ・医薬品の審査について

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る