軟部腫瘍のMRI
  • 有料閲覧

軟部腫瘍のMRI

筆頭著者 青木 隆敏 (編著) 産業医科大学医学部放射線科 南江堂 電子版ISBN 978-4-524-25592-4 電子版発売日 2016年11月14日 ページ数 295 判型 B5 印刷版ISBN 978-4-524-24035-7 印刷版発行年月 2016年9月

書籍・雑誌概要

あらゆる部位に発生し組織型も数多くあるため診断が難しい軟部腫瘍。第一線で活躍する執筆陣が、軟部腫瘍で主流となりつつあるMRIにおいて“どのような所見に注目するか”“どのような手順で診断を進めるか”“どのように鑑別診断を絞り込むか”などを実践的かつ詳細に解説した、これまでになかった一冊。レベルアップしたい放射線科医、整形外科医必読。

目次

【内容目次】
section1 軟部腫瘍の診断と治療にあたって
 1 正常解剖
 2 軟部腫瘍の病理分類
 3 MRIの原理および他検査との使い分け
 4 治療方針への情報提供
 5 軟部腫瘍の病理診断
 6 軟部腫瘍の治療法
section2 MRI撮像法
 1 撮像法とコイル
 2 T1強調像
 3 T2強調像
 4 T2*強調像
 5 脂肪抑制像
 6 拡散強調像
 7 造影法
 8 MR angiography
section3 診断のチェックポイント
A.臨床像
 1 頻度(遭遇しやすさ)
 2 好発年齢・性別
 3 好発部位
 4 大きさ
 5 症状
 6 病歴
 7 多発軟部腫瘍の評価
B.MR診断
 1 診断の進め方
 2 脂肪成分を注意深く探す
 3 粘液状基質を注意深く探す
 4 膠原線維成分を探す
 5 出血/ヘモジデリン
 6 嚢胞性腫瘤
 7 flow voidを有する病変
 8 多発病変
 9 リンパ節腫大を伴う病変
 10 押さえておきたい軟部肉腫のMRI所見と注意点
 11 軟部腫瘍を合併する症候群・疾患群
 12 軟部腫瘤を形成する筋炎・筋膜炎
 13 頻度の高い軟部腫瘍のMRI所見のバリエーション
section4 読影レポートの書き方
索引

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る