循環器感染症 -難治性症例へのアプローチ-
  • 有料閲覧

循環器感染症 -難治性症例へのアプローチ-

筆頭著者 小林 順二郎 (監修) 国立循環器病研究センター 病院長 その他の著者 佐田 誠 編集 南山堂 電子版ISBN 978-4-525-98297-3 電子版発売日 2019年5月27日 ページ数 97 判型 B5 印刷版ISBN 978-4-525-23391-4 印刷版発行年月 2019年4月

書籍・雑誌概要

循環器領域の治療では人工物留置が多く,感染症は難治性になる傾向が強い.さらに,患者の高齢化,重症化,難治化および併存症の増加に伴い,診療のアプローチに有用な情報は重要である.本書では,循環器領域の難治性感染症に関するこれまでのエビデンスを網羅するとともに,現段階での最適の予防および治療方法を症例とともに解説.

目次

第1章 ゼロから学ぶ「循環器感染症」総論

1“循環器感染症”の特徴と循環器領域における抗菌薬に対する基本的な考え方
・循環器感染症の特徴
・循環器感染症に対する抗菌薬治療における考え方
  1.抗菌薬の選択と投与量・投与方法
  2.カテーテル関連血流感染(CRBSI)

2 循環器感染症の画像診断
・感染性心内膜炎
・術後縦郭洞炎
・感染性大動脈瘤
・人工血管感染
・心移植関連感染症

3 循環器領域で留意する抗菌薬の薬物動態
・抗菌薬の薬物動態
  1. Pharmacokinetics 薬物動態学
  2. Pharmacodynamics 薬力学
・抗菌薬のTDM
・抗菌薬の薬物動態における疾患の影響
  1.腎機能障害
  2.透析(HD,CHDF)
  3.心不全
  4.炎症

4 循環器領域における周術期感染予防
・循環器領域における周術期感染予防の重要性
・術前感染予防
・術後感染予防

第2章 エキスパートの診療アプローチ
1 感染性心内膜炎(内科的治療・外科的治療)
・診療シミュレーション
・症例から学ぶ

2 術後縦隔洞炎
・診療シミュレーション
・症例から学ぶ

3 感染性大動脈瘤
・診療シミュレーション
・症例から学ぶ

4 人工血管(グラフト)感染
・診療シミュレーション
・症例から学ぶ

5 左心補助人工(LVAD)と感染症
・診療シミュレーション
・症例から学ぶ

6 心蔵移植後感染症
・診療シミュレーション
・症例から学ぶ

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る