戦略としての医療面接術
  • 有料閲覧

戦略としての医療面接術

こうすればコミュニケーション能力は確実に向上する 筆頭著者 児玉 知之 (著) 医学書院 電子版ISBN 978-4-260-62162-5 電子版発売日 2016年6月6日 ページ数 272 判型 A5 印刷版ISBN 978-4-260-02162-3 印刷版発行年月 2015年11月

書籍・雑誌概要

コミュニケーションにも、その他の医療行為と同様に、必ず行う、あるいは確認しなければならない共通骨格がある。そして、それさえ修得できれば、医師患者間コミュニケーションはもっとうまくいくはず。本書では、医療サービスの基本はまさに医師患者間の良好なコミュニケーションに立脚することを前提に、その具体的な方法論を、日常臨床で実際に起こりうる身近なケースをあげてわかりやすく解説した。

目次

第1章 解釈モデルは大事です
第2章 スケジュールの明示とまとめ・方針の共有は大事です
第3章 共感のスキルと専門用語の多用について
第4章 openとcloseの質問を戦略的に活用しよう
第5章 他医療機関からの紹介患者の扱いには注意しよう
第6章 再診を円滑に進めるために
第7章 非言語性コミュニケーションスキルを高めよう
第8章 傾聴と受容の心構え
第9章 緩和領域のコミュニケーションの特殊性
第10章 コミュニケーションが成立しない患者にはどうしたらいいの?
第11章 患者との距離感も重要です
 ~過ぎたるは猶及ばざるが如しにさせないためのコミュニケーション術~
第12章 患者もどきに注意~悪質クレーマーに対しての対処法~

参考文献
索引

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る