カウンセラーは何を見ているか
  • 有料閲覧
≪シリーズ ケアをひらく≫

カウンセラーは何を見ているか

筆頭著者 信田 さよ子 (著) 医学書院 電子版ISBN 978-4-260-62012-3 電子版発売日 2016年6月20日 ページ数 272 判型 A5 印刷版ISBN 978-4-260-02012-1 印刷版発行年月 2014年5月

書籍・雑誌概要

「聞く力」はもちろん大切。しかしプロなら、あたかも素人のように好奇心を全開にして、相手を「見る」ことが必要だ。では著者は何をどう見ているのか? そして「生け簀で自由に泳がせて生け簀ごと望ましい方向に移動させる」とはどういうことか? 若き日の精神科病院体験を経て、開業カウンセラーの第一人者になった著者が、身体でつかみ取った「見て」「聞いて」「引き受けて」「踏み込む」ノウハウを一挙公開!

目次

 はじめに 「聞く」と「見る」

第1部 すべて開陳! 私は何を見ているか
 1 私は怖くてたまらない
  1 武者震いの日
  2 告白
 2 私はいつも仰ぎ見る
  1 一瞬の「上下」勝負
  2 揚力との戦い
 3 私は感情に興味がない
  1 パスワードは住所
  2 高台にのぼる仕事
 4 私はここまで踏み込む
  1 自己選択という契機をどうはさみ込むか
  2 「引き受ける」という覚悟
  3 言ったとおりにしてください
 5 お金をください
  1 エクス・メド
  2 露悪のプライド
 6 私は疲れない
  1 秘密の蜂の小部屋
  2 基準がなければ燃え尽きない

第2部 カウンセラーは見た!
  密やかな愉しみ
  息切れは気持ちいい
  無音劇場
  縦ロールとカルガモ
  最後の晩餐
  認知症とロシア人
   「信」はどこからやってくるか
  母娘探偵は耳を澄ます
  ノジマさんの生命力
  恐怖の屈辱
  共感なんてしたくない
  夜のしじまの果たし合い
  日曜昼前、余韻と予感
  出会いと別れ

 おわりに 私はなぜ見せるのか

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る