肺炎診療 どう見極め、まず何をすべきか
  • 有料閲覧

肺炎診療 どう見極め、まず何をすべきか

筆頭著者 青島 正大 (編) 羊土社 電子版ISBN 978-4-7581-8091-7 電子版発売日 2017年9月18日 ページ数 159 判型 B5 印刷版ISBN 978-4-7581-1811-8 印刷版発行年月 2017年6月

書籍・雑誌概要

肺炎が疑われる症例にどのような検査を行うか?抗菌薬の選択は?…など,非呼吸器内科医が「これだけは知っておくべき」肺炎診療のポイントを専門医がやさしく解説します.日常診療で肺炎を診る医師必携の1冊!

目次

第1章 肺炎とは
 1 肺炎の疫学【青島正大】
 2 肺炎の病態【青島正大】
第2章 診断のためにこれだけは知っておこう!
 1 診断のアウトライン【青島正大】
 2 喀痰検査・血液検査・尿検査【山脇 聡】
 3 画像検査【小野麻美,岡田文人】
 4 重症度診断【根本祐宗】
第3章 治療のためにこれだけは知っておこう!
1 薬物療法
 1 抗菌薬【宮下修行】
2 支持療法
 1 呼吸管理【新里 敬】
 2 ステロイドの要否【新里 敬】
 3 輸液【新里 敬】
 4 栄養管理【新里 敬】
第4章 予防のためにこれだけは知っておこう!
 1 口腔ケア【寺本信嗣】
 2 食事の仕方(摂食・嚥下指導)【寺本信嗣】
 3 誤嚥予防の薬剤【寺本信嗣】
 4 ワクチン接種(vaccination)【寺本信嗣】
第5章 考えかたを身につけよう!
 1 市中肺炎はこう診よう!【宮下修行】
 Case1 48歳男性,湿性咳嗽と発熱を主訴に来院
 2 院内肺炎はこう診よう!【大島謙吾】
 Case2 57歳男性,弁置換術後のリハビリ中に,悪寒戦慄が出現
 3 合併症のある患者はこう診よう!【櫻井隆之】
 Case3 46歳男性,発熱・咳嗽を主訴に来院
 4 非感染性肺炎はこう診よう!【野間 聖】
 Case4 68歳男性,湿性咳嗽,労作時呼吸困難を主訴に来院

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る