オープンダイアローグとは何か
  • 有料閲覧

オープンダイアローグとは何か

筆頭著者 斎藤 環 (著+訳) 医学書院 電子版ISBN 978-4-260-62403-9 電子版発売日 2016年6月6日 ページ数 208 判型 A5 印刷版ISBN 978-4-260-02403-7 印刷版発行年月 2015年7月

書籍・雑誌概要

依頼があったら「24時間以内」に精神科の「専門家チーム」が出向く。そこで患者・家族・関係者をまじえて、状態が改善するまで、ただ「対話」をする―――フィンランド発のシンプルきわまりないこの手法に、なぜ世界が注目するのか?オープンダイアローグの第一人者セイックラ氏の論文と、斎藤環氏の熱情溢れる懇切丁寧な解説が融合。生き生きとした事例、具体的なノウハウ、噛み砕いた理論紹介で、オープンダイアローグの全貌がわかる!

目次

第1部 解説 オープンダイアローグとは何か (斎藤環)

 はじめに それは“本物”だろうか?

 1 オープンダイアローグの概略
   全体をざっくりつかんでみよう
   どんなルールで進められるのか
   リフレクティングとは何か

 2 オープンダイアローグの理論
   ミクロポリティクス
   詩学1 不確実性への耐性
   詩学2 対話主義
   詩学3 社会ネットワークのポリフォニー

 3 オープンダイアローグの臨床
   それはどんな経験だったのか
   ミーティングの実際
   実践のための12項目

 4 オープンダイアローグとその周辺
   ポストモダン
   オートポイエーシス
   精神分析
   ケロプダス病院の実情
   「べてるの家」との類似性

 5 本書に収録した論文について

 おわりに 私たちに「不確かさへの耐性」はあるか


第2部 実践者たちによる厳選論文 オープンダイアローグの実際

 1 精神病急性期へのオープンダイアローグによるアプローチ
  ―――その詩学とミクロポリティクス
  The Open Dialogue Approach to Acute Psychosis:
  Its Poetics and Micropolitics.
  (Jaakko Seikkula & Mary E. Olson)

 2 精神病的な危機においてオープンダイアローグの成否を分けるもの
  ―――家庭内暴力の事例から
  Open Dialogues with Good and Poor Outcomes for Psychotic Crises:
  Examples from Families with Violence.
  (Jaakko Seikkula)

 3 治療的な会話においては、何が癒やす要素となるのだろうか
  ―――愛を体現するものとしての対話
  Healing Elements of Therapeutic Conversation:
  Dialogue as an Embodiment of Love
  (Jaakko Seikkula & David Trimble)


用語解説
索引
著訳者紹介

あとがき

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る