臨床婦人科産科 27巻1号 (1973年1月)

特集 産婦人科における機能性疾患

  • 文献概要を表示

 ごく常識的に考えると,機能性性器出血とは,はつきりした器質的原囚が認められない性器出血すべてを指すことになる。出血部位となる性器としては卵巣,卵管,子宮内膜,頚管,子宮腟部,腟,外陰などがあげられる。卵巣からの出血は外出血として認められることはまずないし,卵管からの出血は急性卵管炎,卵管妊娠に限定され,これらは機能性疾患ではない。また頚管,子宮腟部,腟,外陰よりの出血も機能性のものは考えられず,わずかに幼女や老人の腟炎にみられる出血が病因的に機能的なニュアンスを含んでいるに留まる。

 したがつて機能性性器出血は機能性子宮内膜出血と同意語と解釈されるので本稿では従来慣用されている機能性出血について,その機能障害としての病態生理を中心に考察してみたい。

不妊 広井 正彦 , 高橋 威
  • 文献概要を表示

 ここ数年来,生殖生理学の研究の進歩には著しいものがある。とくに妊娠の自動的調節のための経口避妊薬や子宮内避妊器具の開発はすさまじい。これに反し不妊症に対する対策も検討され,近年各種の排卵誘発剤が相ついで出現し,1971年SchallyらのLH-RHの合成によりその頂点に達したといえる。

 このように避妊法と不妊症の対策が大きな社会問題となり,産婦人科医の日常しばしば遭遇する問題となつてきている。とくに不妊症の場合には,当該者にとつて実に切実な問題であるが,現在なお不明な分野も多くその治療が充分に行なわれていない現状である。

更年期障害 福島 峰子
  • 文献概要を表示

 近年,平均寿命の延長とともに閉経年齢も延長の傾向がみられ,ほぼ50歳前後と考えられる。したがつて更年期はおおよそ45〜55歳位とみてよい。その間に起こる不定愁訴症候群を更年期障害という。これは自律神経性のものと心因性のものとに分けられるが今回は特に自律神経性のものについて述べたい。心因性のものでは症状面は自律神経性のものと変らないが,自律神経機能検査ではむしろ安定値を示すものが多く,機能失調があるとは考えられないからである。

カラーグラフ 臨床家のための病理学・12

子宮疾患・Ⅲ 滝 一郎
  • 文献概要を表示

 正常な子宮頸部の表面は扁平上皮と円柱上皮とでおおわれ,両上皮はsquamocolumnarjunction (扁円接合)で境されている。今回は円柱上皮におこる諸種の形態変化を供覧する。

  • 文献概要を表示

はじめに

 現代産科学の著しい発展の跡を顧みると,そこには,3つの大きな流れを汲みとることができる。その第1は,妊娠中毒症の早期発見と治療,分娩時ショック対策の進歩,化学療法による感染症の治療など,妊産褥婦管理面における成果であつて.母体死亡の急激な減少をもたらした。第2は,胎児胎盤系の概念の導入やMEの進歩にともなう,安全分娩管理の発展であり,この成果は,周産期死亡の減少につながつた。そして,第3は,これからともいうべき胎児診断による胎児管理学の発展である。妊娠早期診断のための,HCG測定法の進歩,超音波診断は,胎児への不用意なX線被曝の危険を防ぎ,また確徴としての胎児存否の診断の大きな助けとなつている。胎児情報を羊水にもとめる,種々の検査法の進歩は,染色体分析の発展と相俟つて,先天性代謝異常や染色体異常の出生前診断という画期的成果を生み,Genetic Counselingという新しい分野を拓こうとしている。さらに,妊娠後期においては,胎児胎盤系の機能検査に加えて,超音波断層法の応用,諸種の羊水情報などをもとに,成熟度判定によるhigh risk babyの適切な娩出時期の決定が試みられている。

臨床メモ

糖尿病妊婦と血糖値 竹内 久弥
  • 文献概要を表示

 糖尿病妊婦の児は巨大児になりやすく,奇形合併頻度の高いうえに,周産期死亡率も高いことが知られ,わが国でも最近では簡単に検査がおこなえるようになつたこともあつて関心がもたれつつあることはいうまでもない。

 なぜ糖尿病妊婦の児に奇形が多いのか,その理出は不明であるが,周産期死亡率の高いこととともに実地臨床上妊婦の管理の点でも困ることが多い。その意味でスウェーデンのKarlssonら(Amer. J. Obstet.Gynec. 112, 213, 1972)らの報告は一つの新らしい方法を示しているように見える。彼らは1961年から70年までの179例の糖尿病妊婦から生れた180名の児について,周産期死亡,低血糖,黄疸,RDS,奇形の発生率と母体の血糖値との関係を検討した。その結果,周産期死亡率は母体血糖値が100mg/dl以下の群が3.8%であつたのに対し,100〜150mg/dl群は16%,150mg/dl以上群は24%と明らかな差が見られる。RDSおよび交換輸血を必要とする重症黄疸の発生率も血糖値100mg/dl以下とそれ以上の群では差が認められ,前者が低かつた。しかし,母体血糖値と児の低血糖発生率には関係がなく,また興味深いことには巨大児の発生率と母体血糖値との関係は見出せなかつた。

今日の産婦人科

  • 文献概要を表示

 昭和47年10月22日大阪フェスティバルホールにおける本年度の日本産科婦人科学会臨床大会で,特別講演として"産婦人科における医療事故"が鼎談形式によつて行なわれた。

 まず座長として私からこのテーマを選んだ理由について発言した後,各講師の意見交換を行なつたので,その概要と感想を述べる。

解説講座

医学文献のしらべ方 石原 力
  • 文献概要を表示

 医学文献のしらべ方についてかくように求められたが,みずからを顧りみて内心忸怩たるものがあるけれども,このような日常的なことについては,人それぞれ独自の仕方があるはずであり,ほかの人の仕方の中にも,多少は参考になる点もあるかもしれない,という程度のつもりで執筆することにした。医学文献といつても,もちろんここでは産科婦人科領域に限定されることをあらかじめお断りしなければならない。

  • 文献概要を表示

 東京電力病院において1960年,(昭和35年)より1969年(昭和44年)に至る10年間に373例に対し833回のintrauterine device (IUD)の挿入を行なつた。総使用年数は882婦人年であつた。1回当りの挿入期間は平均13.1月となる。この詳細については既に報告した。さてこれら症例中に(I)失敗例として挿入中の妊娠(15例),脱落後の妊娠(9例),脱落のみ(4例)計28例が認められた。これはIUDを使用するもその本来の目的である避妊を達成し得なかつた症例である。

 次に(II)挿入後出血,疼痛その他の障害のためにIUDを継続使用できず除去した症例が10年間に合計81例あつた。この両若について詳細な検討を行なつたので報告し,今後のIUD使用の参考に供したい。

基本情報

03869865.27.1.jpg
臨床婦人科産科
27巻1号 (1973年1月)
電子版ISSN:1882-1294 印刷版ISSN:0386-9865 医学書院

文献閲覧数ランキング(
3月23日~3月29日
)