雑誌文献を検索します。書籍を検索する際には「書籍検索」を選択してください。

検索

書誌情報 詳細検索 by 医中誌

Japanese

Quality of Life of Outpatients Treated with Low Anterior Resection or Anterior Resection for Colorectal Cancer:Correlation Between Dyschezia and Self-completed QOL Questionnaire Nami Imai 1 , Yoshihiro Kido 2 1Doctor Course, Course of Health Sciences, Graduate School of Medicine, Osaka University 2Department of Nursing, School of Allied Health Sciences, Faculty of Medicine, Osaka University Keyword: 大腸癌 , 排便機能障害 , クオリティ・オブ・ライフ , colon cancer , dyschezia , quality of life pp.1-10
Published Date 2001/12/15
  • Abstract
  • Reference
  • Cited by

Abstract

 This study examines the correlation between dyschezia and quality of life in an outpatient population that received either low anterior resection (LAR) or an anterior resection (AR) as treatment for colorectal cancer.

 The outpatients answered a questionnaire examining the severity of their dyschezia and it's impact on their quality of life. One hundred ninety two outpatients, with a mean age of 64.6 years (SD=10.4 years) and from 1 to 36 months after surgical resection responded to the questionnaire. Two assessment scales were included in the questionnaire: The Defective Dysfunction Assessment Scale (DDAS) and a self-completed questionnaire for QOL revised (QUIK-R). Data were analyzed using a Mann-Whitney test, Kruskal-Wallis test and Spearman rank correlation coefficient, and step-wise multiple regression was also performed.

 DDAS scores were significantly higher for patients receiving low anterior resection (LAR) than for those receiving anterior resection (AR). A significant relationship was also observed between DDAS and QUIK-R scores, in particular, between“soiling”on the DDAS. Multiple regression analysis revealed that DDAS and resection technique used for treatment accounted for 22.3% of the variance in QUIK-R.

 In conclusion, the findings suggest that the severity of dyschezia is related to the resection technique used to treat colorectal cancer. Furthermore the severity of dyschezia was found to exert a significant influence on quality of life.


Copyright © 2001, Japan Academy of Nursing Science. All rights reserved.

基本情報

電子版ISSN 2185-8888 印刷版ISSN 0287-5330 日本看護科学学会

関連文献

  • 低位前方切除術 小林 宏寿 , 榎本 雅之 , 樋口 哲郎 , 安野 正道 , 植竹 宏之 , 飯田 聡 , 石川 敏昭 , 杉原 健一 南江堂 臨床雑誌外科
    69巻 13号 (2007年12月)
    pp.1694-1698
    • 有料閲覧
  • 低位前方切除術 池田 篤 , 佐藤 武郎 , 中村 隆俊 , 小倉 直人 , 小野里 航 , 内藤 正規 , 渡邊 昌彦 南江堂 臨床雑誌外科
    73巻 1号 (2011年1月)
    pp.39-44
    • 有料閲覧
  • 低位前方切除術 亀岡 信悟 , 番場 嘉子 , 板橋 道朗 , 小川 真平 , 廣澤 知一郎 , 橋本 拓造 南江堂 臨床雑誌外科
    73巻 4号 (2011年4月)
    pp.368-372
    • 有料閲覧
  • 低位前方切除術 樋口 哲郎 , 小林 宏寿 , 榎本 雅之 , 飯田 聡 , 石川 敏昭 , 石黒 めぐみ , 加藤 俊介 , 植竹 宏之 , 杉原 健一 医学書院 臨床外科
    65巻 11号 (2010年10月)
    pp.248-255
    • 有料閲覧
  • 低位前方切除術 松田 泰次 , 安富 正幸 医学書院 臨床外科
    43巻 13号 (1988年12月)
    pp.1893-1904
    • 有料閲覧
  • 低位前方切除術 福島 恒男 , 大木 繁男 , 土屋 周二 医学書院 臨床外科
    41巻 5号 (1986年5月)
    pp.625-630
    • 有料閲覧
  • 低位前方切除術 奥田 準二 , 田中 慶太朗 , 近藤 圭策 , 浅井 慶子 , 茅野 新 , 山本 誠士 , 谷川 允彦 医学書院 臨床外科
    65巻 11号 (2010年10月)
    pp.326-335
    • 有料閲覧
  • 直腸低位前方切除術 中村 文彦 , 森田 隆幸 , 伊藤 卓 , 鈴木 英登士 , 今 充 医学書院 臨床外科
    50巻 11号 (1995年10月)
    pp.128-132
    • 有料閲覧
  • 直腸低位前方切除術 中村 文彦 , 森田 隆幸 , 小田桐 弘毅 , 今 充 医学書院 臨床外科
    51巻 11号 (1996年10月)
    pp.126-130
    • 有料閲覧
  • 直腸低位前方切除術 早川 克己 , 山本 栄司 , 吉田 麻里子 , 立元 将太 学研メディカル秀潤社 画像診断
    33巻 11号 (2013年9月)
    pp.s97-s106
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有