Japanese

A case of cerebellar cavernous hemangioma with unilateral lid nystagmus. Kenji Yuda 1 , Naoki Kumagai 1 1Dept of Ophthalmol, Yokohama City Univ Sch of Med pp.1265-1268
Published Date 1988/11/15
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1410210548
  • Abstract
  • Look Inside

We observed an unusual instance of unilateral Popper-type lid nystagmus in a 58-year-old right -handed male. He sought medical advice on account of lagophthalmic corneal ulcer in his right eye. He had a history over the past 30 years of slowly progressive abducens nerve palsy, facial palsy, hearing loss and cerebellar symptoms on his right side. Computed tomography revealed high-density areas in his right cerebellar hemisphere. Cavernous hemangioma was diagnosed by neurosurgical intervention.

We evaluated the eye and eyelid movements with EOG and EMG before surgery. We observed righ-tward gaze-evoked ocular nystagmus and synchro-nous lid nystagmus of the left eyelid. EMG showed rhythmically increasing discharges of the superior levator palpebrae muscle and reciprocal ones of the orbicularis oculi muscle.

Rinsho Ganka (Jpn J Clin Ophthalmol) 42(11) : 1265-1268, 1988


Copyright © 1988, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

電子版ISSN 1882-1308 印刷版ISSN 0370-5579 医学書院

関連文献

  • 膀胱海綿状血管腫の1例 田辺 泰民 , 福重 満 , 溝口 勝 , 藤本 洋治 医学書院 臨床泌尿器科
    21巻 6号 (1967年6月)
    pp.559-562
    • 有料閲覧
  • 脾海綿状血管腫の1例 林 賢 , 臼井 健二 , 清水 蔵一 , 後藤 成生 医学書院 臨床外科
    42巻 13号 (1987年12月)
    pp.2003-2007
    • 有料閲覧
  • 網膜海綿状血管腫の1例 加藤 健 , 牧野 伸二 , 金上 千佳 , 茨木 信博 医学書院 臨床眼科
    63巻 13号 (2009年12月)
    pp.1851-1853
    • 有料閲覧
  • 大腸海綿状血管腫の1例 松永 厚生 , 望月 福治 , 安藤 正夫 , 富永 現 , 野村 美樹子 , 藤田 直孝 , 野田 裕 , 長南 明道 , 佐藤 徹 , 澤井 高志 , 倉園 普子 医学書院 胃と腸
    30巻 11号 (1995年10月)
    pp.1457-1461
    • 有料閲覧
  • 小腸海綿状血管腫の1例 藤田 直孝 , 望月 福治 , 伊東 正一郎 , 池田 卓 , 豊原 時秋 , 李 茂基 , 山崎 匡 , 林 哲明 , 斎藤 善広 , 沢井 高志 , 白根 昭男 , 早坂 得良 医学書院 胃と腸
    20巻 9号 (1985年9月)
    pp.1021-1025
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有