Stomach and Intestine(Tokyo) Volume 52, Issue 12 (November 2017)
Japanese

Cold Snare Polypectomy for Subcentimeter Colorectal Polyps:Therapies and Adverse Events Noriko Matsuura 1 , Yoji Takeuchi 1 , Noriya Uedo 1 , Satoki Shichijo 1 , Takashi Kanesaka 1 , Akira Maekawa 1 , Tomofumi Akasaka 1,2 , Noboru Hanaoka 1,3 , Sachiko Yamamoto 1 , Koji Higashino 1 , Ryu Ishihara 1 , Masaharu Tatsuta 1 , Hiroyasu Iishi 1,4 1Department of Gastrointestinal Oncology, Osaka International Cancer Institute, Osaka, Japan 2Department of Gastroenterology, National Hospital Organization Osaka National Hospital, Osaka, Japan 3Department Of Gastroenterology, Takarazuka City Hospital, Takarazuka, Japan 4Itami City Hospital, Itami, Japan Keyword: 小ポリープ , cold polypectomy , cold snare polypectomy , 病変遺残 , 後出血 pp.1551-1557
Published Date 2017/11/25
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403201214
  • Abstract
  • Look Inside
  • Reference
  • Cited by

 CSP(cold snare polypectomy)is a promising technique that does not use electrocautery. CSP is generally accepted as a less invasive procedure that presents a lower risk of adverse events. We investigated the incomplete resection rate and bleeding rate after CSP in single-center prospective studies. The incomplete resection rate was 3.9%[95%CI(confidence interval)1.7%-6.1%]; however, the polyp lateral margins could not be assessed adequately for 67% of the retrieved polyps. Therefore, we suggest that the assessment of lateral margins in the resected specimens is not appropriate for the evaluation of residual in situ polyps. Additionally, delayed bleeding that required endoscopic intervention occurred in four patients(1.1% ; 95%CI, 0.03%-2.2%)with four polyps(0.3% ; 95%CI, 0.007%-0.6%), all of which were oozing and easily managed with endoscopic clipping. Although it was not eliminated completely, the incidence of delayed bleeding after CSP was remarkably low. Based on our results, we conclude that CSP can be used as a standard endoscopic therapy for subcentimeter polyps.


Copyright © 2017, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

05362180.52.12.jpg
胃と腸
52巻12号 (2017年11月)
電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • 表面型表層拡大型食道癌の深達度診断―内視鏡の立場から 石原 立 , 山階 武 , 青井 健司 , 松浦 倫子 , 伊藤 貴史 , 金坂 卓 , 山本 幸子 , 鼻岡 昇 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 上堂 文也 , 飯石 浩康 , 竜田 正晴 医学書院 胃と腸
    49巻 8号 (2014年7月)
    pp.1164-1172
    • 有料閲覧
  • 微小胃癌診断の時代的変遷 長井 健悟 , 竜田 正晴 , 松浦 倫子 , 伊藤 貴史 , 松井 芙美 , 藤井 基嗣 , 山階 武 , 鼻岡 昇 , 山本 幸子 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 上堂 文也 , 石原 立 , 飯石 浩康 , 冨田 裕彦 医学書院 胃と腸
    48巻 6号 (2013年5月)
    pp.785-793
    • 有料閲覧
  • 粘膜下腫瘍様食道癌と粘膜下腫瘍の鑑別—1/9層の有無に注目して 松浦 倫子 , 上堂 文也 , 七條 智聖 , 前川 聡 , 金坂 卓 , 山本 幸子 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 石原 立 , 杉村 啓二郎 , 宮田 博志 , 矢野 雅彦 , 北村 昌紀 , 中塚 伸一 医学書院 胃と腸
    53巻 13号 (2018年12月)
    pp.1775-1782
    • 有料閲覧
  • 慢性胃炎粘膜(腸上皮化生)の拡大内視鏡所見 大森 正泰 , 上堂 文也 , 中川 健太郎 , 岩上 裕吉 , 松野 健司 , 井上 俊太郎 , 岩坪 太郎 , 中平 博子 , 松浦 倫子 , 七條 智聖 , 前川 聡 , 金坂 卓 , 山本 幸子 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 石原 立 医学書院 胃と腸
    54巻 2号 (2019年2月)
    pp.181-190
    • 有料閲覧
  • 食道表在癌のEUS診断 松浦 倫子 , 石原 立 , 七條 智聖 , 前川 聡 , 金坂 卓 , 山本 幸子 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 上堂 文也 , 杉村 啓二郎 , 宮田 博志 , 矢野 雅彦 , 北村 昌紀 , 中塚 伸一 医学書院 胃と腸
    53巻 13号 (2018年12月)
    pp.1717-1725
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有