Japanese

Surveillance after Endoscopic Treatment of Early Colorectal Cancers Takahisa Matsuda 1 , Yutaka Saito 1 , Takeshi Nakajima 1 , Taku Sakamoto 1 , Masayoshi Yamada 1 , Genki Mori 1 , Hiroyuki Takamaru 1 , Masau Sekiguchi 1 , Kazuya Inoki 1 , Nozomu Kobayashi 2 , Yasushi Sano 3 , Takahiro Fujii 4 , Japan Polyp Study Workgroup 1Endoscopy Division, National Cancer Center Hospital, Tokyo 2Department of Gastroenterology, Tochigi Cancer Center, Utsunomiya, Japan 3Gastrointestinal Center, Sano Hospital, Kobe, Japan 4Takahiro Fujii Clinic, Tokyo Keyword: 早期大腸癌 , 内視鏡摘除 , サーベイランス , Japan Polyp Study pp.377-384
Published Date 2015/4/25
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403200202
  • Abstract
  • Look Inside
  • Reference
  • Cited by

 We assessed the incidence of ILs(index lesions)following endoscopic removal of early colorectal cancer using data from the JPS(Japan Polyp Study). In the patients' group who underwent treatment for intramucosal cancer at the baseline, TCS(total colonoscopy)had a significantly higher incidence of ILs(large adenoma≧10mm, high-grade adenoma, cancer polyp)after 1 year than patients' group who had no history of endoscopic removal of intramucosal cancer. Two times complete TCS, including polypectomy, decreased the incidence of intramucosal cancers(0.4%)and invasive cancer Therefore, we suppose that two times TCS is an effective procedure for prevention of colorectal cancer. Further, we reviewed 4 articles to assess the risk of recurrence after endoscopic treatment alone for submucosal invasive cancers. Data were collected and analyzed for a total of 1,312 patients with submucosal invasive cancer. The overall recurrence rate was 3.4% and approximately 90% of these cases were at a simultaneous risk of LNM(lymph node metastasis). The incidence of recurrence after endoscopic removal in patients at risk of LNM was more than 6.8%. In contrast, the recurrence rate in patients without risk of LNM was less than 1%.


Copyright © 2015, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • 4 .早期大腸癌内視鏡摘除後のサーベイランス 南出 竜典 , 池松 弘朗 , 新村 健介 , 大野 康寬 , 矢野 友規 日本メディカルセンター 臨牀消化器内科
    33巻 8号 (2018年6月)
    pp.995-1000
    • 有料閲覧
  • EMR/ESD後の多発胃癌のサーベイランス 中島 健 , 菅原 真樹 , 小田 一郎 , 吉永 繁高 , 鈴木 晴久 , 野中 哲 , 坂本 琢 , 小田柿 智之 , 松本 美野里 , 曽 絵里子 , 谷内田 達夫 , 山田 真善 , 河俣 浩之 , 森 源喜 , 松田 尚久 , 斎藤 豊 医学書院 胃と腸
    46巻 1号 (2011年1月)
    pp.66-74
    • 有料閲覧
  • 発生部位からみた早期大腸癌内視鏡的治療後の中・長期経過─結腸vs.直腸 池松 弘朗 , 依田 雄介 , 松田 尚久 , 山口 裕一郎 , 堀田 欣一 , 小林 望 , 藤井 隆広 , 大野 康寛 , 坂本 琢 , 中島 健 , 鷹尾 まど佳 , 篠原 知明 , 藤盛 孝博 , 金子 和弘 , 斎藤 豊 医学書院 胃と腸
    50巻 4号 (2015年4月)
    pp.405-412
    • 有料閲覧
  • 大腸疾患におけるAI診断 斎藤 豊 , 山田 真善 , 坂本 琢 , 高丸 博之 , 関口 正宇 , 松田 尚久 , 岡川 泰 , 阿部 清一郎 , 水口 康彦 , 春日 健吾 , 江郷 茉衣 , 張 萌琳 医学書院 胃と腸
    56巻 4号 (2021年4月)
    pp.462-471
    • 有料閲覧
  • ポリープ 吉永 繁高 , 小田 一郎 , 田中 優作 , 関口 正宇 , 高丸 博之 , 山田 真善 , 阿部 清一郎 , 坂本 琢 , 野中 哲 , 鈴木 晴久 , 中島 健 , 斎藤 豊 , 吉田 裕 , 谷口 浩和 , 関根 茂樹 , 九嶋 亮治 医学書院 胃と腸
    52巻 1号 (2017年1月)
    pp.87-96
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有