Japanese

Autofluorescence Imaging in Diagnosis of Type IIb Early Gastric Cancers Masao Hanafusa 1 , Noriya Uedo 1 , Ryu Ishihara 1 , Hiromitsu Kanzaki 1 , Yoshiki Tsujii 1 , Natsuko Kawada 1 , Noboru Hanaoka 1 , Rika Chatani 1 , Takuya Inoue 1 , Sachiko Yamamoto 1 , Yoji Takeuchi 1 , Koji Higashino 1 , Hiroyasu Iishi 1 , Masaharu Tatsuta 1 , Yasuhiko Tomita 2 1Department of Gastrointestinal Oncology, Osaka Medical Center for Cancer and Cardiovascular Diseases, Osaka, Japan 2Departments of Pathology, Osaka Medical Center for Cancer and Cardiovascular Diseases, Osaka, Japan Keyword: 早期胃癌 , 0IIb , 自家蛍光 , AFI pp.132-140
Published Date 2010/1/25
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403101841
  • Abstract
  • Look Inside
  • Reference

 The invention of Equip-based image enhanced endoscopy, e.g. the autofluorescence imaging videoendoscopy system(AFI), has developed greater diagnostic accuracy developed. Natural tissue fluorescence from endogenous fluorophores in the digestive tract is emitted by excitation light. This autofluorescence is detected by the exclusive endoscopic CCD. The image composed by autofluorescence makes it possible to distinguish tumor from normal tissue and inflammation. Because of the color difference in the AFI image, diagnostic accuracy by AFI for the extent of gastric cancer was better than that in conventional white light images but was not as good as that of chromoendoscopy. We must pay attention to diagnose of the extent of gastric cancer not only by AFI but by mutiple endoscopic modalities.


Copyright © 2010, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • 多発胃癌の内視鏡診断―autofluorescence imagingによる異時性多発癌発生のリスク評価 鼻岡 昇 , 上堂 文也 , 辻井 芳樹 , 竹内 洋司 , 石原 立 , 東野 晃治 , 長井 健悟 , 松井 芙美 , 太田 高志 , 神崎 洋光 , 花房 正雄 , 河田 奈都子 , 飯石 浩康 , 竜田 正晴 医学書院 胃と腸
    46巻 1号 (2011年1月)
    pp.60-65
    • 有料閲覧
  • 5)AFI 石原 立 , 上堂 文也 , 山本 幸子 , 長井 健悟 , 松井 芙美 , 河田 奈都子 , 辻井 芳樹 , 神崎 洋光 , 太田 高志 , 花房 正雄 , 鼻岡 昇 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 飯石 浩康 , 竜田 正晴 医学書院 胃と腸
    46巻 5号 (2011年5月)
    pp.628-633
    • 有料閲覧
  • 自家蛍光内視鏡装置(AFI)による未分化型早期胃癌の診断 木津 崇 , 上堂 文也 , 石原 立 , 河田 奈都子 , 茶谷 里佳 , 山本 幸子 , 井上 拓也 , 鼻岡 昇 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 飯石 浩康 , 竜田 正晴 , 富田 裕彦 医学書院 胃と腸
    44巻 1号 (2009年1月)
    pp.51-59
    • 有料閲覧
  • 胃癌組織型診断―VS classification systemに沿った形態所見分類(案) 竹内 洋司 , 飯石 浩康 , 上堂 文也 , 長井 健悟 , 松井 芙美 , 太田 高志 , 神崎 洋光 , 辻井 芳樹 , 花房 正雄 , 鼻岡 昇 , 河田 奈都子 , 山本 幸子 , 東野 晃治 , 石原 立 , 竜田 正晴 , 富田 裕彦 , 八尾 建史 医学書院 胃と腸
    46巻 6号 (2011年5月)
    pp.943-955
    • 有料閲覧
  • リンパ球浸潤胃癌―臨床の立場から 神崎 洋光 , 飯石 浩康 , 長井 健悟 , 松井 芙美 , 河田 奈都子 , 辻井 芳樹 , 太田 高志 , 花房 正雄 , 鼻岡 昇 , 山本 幸子 , 竹内 洋司 , 東野 晃冶 , 上堂 文也 , 石原 立 , 竜田 正晴 , 宮代 勲 , 冨田 裕彦 医学書院 胃と腸
    45巻 12号 (2010年11月)
    pp.1926-1934
    • 有料閲覧
  • AFI 竹内 洋司 , 上堂 文也 , 東野 晃治 , 河田 奈津子 , 辻井 芳樹 , 山本 幸子 , 花房 正雄 , 鼻岡 昇 , 石原 立 , 竜田 正晴 , 飯石 浩康 医学書院 胃と腸
    45巻 5号 (2010年4月)
    pp.771-775
    • 有料閲覧
  • 3.自家蛍光内視鏡・赤外線内視鏡 上堂 文也 , 石原 立 , 飯石 浩康 , 河田 奈都子 , 川口 司 , 茶谷 里佳 , 木津 崇 , 井上 拓也 , 玉井 知英 , 鼻岡 昇 , 山本 幸子 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 竜田 正晴 医学書院 胃と腸
    44巻 4号 (2009年4月)
    pp.767-775
    • 有料閲覧
  • 鳥肌胃炎を伴う若年者の未分化型進行胃癌の1例 太田 高志 , 上堂 文也 , 長井 健悟 , 河田 奈都子 , 松井 芙美 , 山階 武 , 神崎 洋光 , 花房 正雄 , 山本 幸子 , 鼻岡 昇 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 石原 立 , 飯石 浩康 , 竜田 正晴 , 宮代 勲 , 冨田 裕彦 医学書院 胃と腸
    46巻 9号 (2011年8月)
    pp.1370-1374
    • 有料閲覧
  • 腺癌と鑑別を要する食道胃接合部病変 河田 奈都子 , 上堂 文也 , 石原 立 , 川口 司 , 茶谷 里佳 , 木津 崇 , 井上 拓也 , 玉井 知英 , 鼻岡 昇 , 山本 幸子 , 竹内 洋司 , 東野 晃治 , 飯石 浩康 , 竜田 正晴 医学書院 胃と腸
    44巻 7号 (2009年6月)
    pp.1188-1196
    • 有料閲覧
  • 内視鏡的経過観察症例からみた新旧分類におけるGroup II・Group 2病変の問題点 鼻岡 昇 , 飯石 浩康 , 上堂 文也 , 石原 立 , 東野 晃治 , 竹内 洋司 , 長井 健悟 , 松井 芙美 , 山階 武 , 太田 高志 , 神崎 洋光 , 花房 正雄 , 竜田 正晴 , 冨田 裕彦 医学書院 胃と腸
    47巻 2号 (2012年2月)
    pp.165-172
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有