Japanese

NSAIDs Induced Small Intestinal Injury Nobuhide Oshitani 1,2 , Takehisa Suegane 1 , Noriko Kamata 1 , Mitsue Sogawa 1 , Natsuhiko Kameda 2 , Hirohisa Machida 2 , Hirotoshi Okazaki 2 , Hirokazu Yamagami 3 , Kenji Watanabe 1 , Toshio Watanabe 1 , Kazunari Tominaga 1 , Yasuhiro Fujiwara 1 , Tetsuo Arakawa 1 1Department of Gastroenterology, Graduate School of Medicine, Osaka City University, Osaka, Japan 2Center for Endoscopy, Graduate School of Medicine, Osaka City University, Osaka, Japan 3Department of Graduate Medical Education and General Practice, Graduate School of Medicine, Osaka City University, Osaka, Japan Keyword: NSAIDs , 小腸潰瘍 , 小腸びらん , 輪状狭窄 , 小腸内視鏡 pp.960-966
Published Date 2009/5/25
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403101679
  • Abstract
  • Look Inside
  • Reference
  • Cited by

 Nonsteroidal anti-inflammatory drugs(NSAIDs)have been widely used to control chronic pain especially in orthopedics, prevention of recurrent cerebral and cardiac infarction, prophylactic use for infarction in arrhythmic patients. Ingestion of NSAIDs may cause small intestinal injury as well as gastro-duodenal injury. Diagnosis of small bowel minute lesions has been almost impossible until the start of clinical application of capsule endoscopy and double balloon endoscopy. Longitudinal ulcer is a well known experimental small intestinal lesion, but, circular ulcer, membranous stricture, round punched-out ulcer, aphthous ulcer and erosion are found in NSAIDs-induced small intestinal lesions in humans.


Copyright © 2009, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • 5) NSAIDs起因性腸炎 押谷 伸英 , 末包 剛久 , 鎌田 紀子 , 十河 光栄 , 亀田 夏彦 , 町田 浩久 , 岡崎 博俊 , 山上 博一 , 渡辺 憲治 , 渡辺 俊雄 , 富永 和作 , 藤原 靖弘 , 荒川 哲男 医学書院 胃と腸
    43巻 4号 (2008年4月)
    pp.611-616
    • 有料閲覧
  • 出血性小腸疾患の診断―腫瘍および腫瘍様病変 山上 博一 , 森本 謙一 , 細見 周平 , 中谷 雅美 , 高塚 正樹 , 亀田 夏彦 , 鎌田 紀子 , 町田 浩久 , 岡崎 博俊 , 十河 光栄 , 谷川 徹也 , 渡辺 憲治 , 渡辺 俊雄 , 富永 和作 , 藤原 靖弘 , 荒川 哲男 医学書院 胃と腸
    45巻 3号 (2010年3月)
    pp.363-370
    • 有料閲覧
  • NSAID起因性小腸病変の内視鏡診断と鑑別疾患 山上 博一 , 亀田 夏彦 , 鎌田 紀子 , 十河 光栄 , 町田 浩久 , 岡崎 博俊 , 谷川 徹也 , 渡辺 憲治 , 渡辺 俊雄 , 富永 和作 , 藤原 靖弘 , 荒川 哲男 医学書院 胃と腸
    46巻 2号 (2011年2月)
    pp.156-160
    • 有料閲覧
  • colitic cancer/dysplasiaの画像診断―特殊光内視鏡を中心に 渡辺 憲治 , 十河 光栄 , 細見 周平 , 森本 謙一 , 末包 剛久 , 鎌田 紀子 , 亀田 夏彦 , 町田 浩久 , 岡崎 博俊 , 谷川 徹也 , 山上 博一 , 富永 和作 , 渡辺 俊雄 , 藤原 靖弘 , 押谷 伸英 , 荒川 哲男 医学書院 胃と腸
    43巻 9号 (2008年8月)
    pp.1320-1324
    • 有料閲覧
  • 難治性潰瘍性大腸炎と5-ASA製剤―大量療法を中心に 渡辺 憲治 , 新藤 正喜 , 塚原 卓矢 , 伊藤 良恵 , 森本 謙一 , 野口 篤志 , 杉森 聖司 , 鎌田 紀子 , 十河 光栄 , 町田 浩久 , 岡崎 博俊 , 谷川 徹也 , 山上 博一 , 富永 和作 , 渡辺 俊雄 , 藤原 靖弘 , 荒川 哲男 医学書院 胃と腸
    46巻 13号 (2011年12月)
    pp.2009-2015
    • 有料閲覧
  • 再発を来したCrohn病関連小腸癌の1例 野口 篤志 , 渡辺 憲治 , 味岡 洋一 , 十河 光栄 , 寺田 良太 , 森本 謙一 , 宮嵜 孝子 , 鎌田 紀子 , 山上 博一 , 谷川 徹也 , 富永 和作 , 渡辺 俊雄 , 藤原 靖弘 , 前田 清 , 荒川 哲男 医学書院 胃と腸
    49巻 9号 (2014年8月)
    pp.1339-1345
    • 有料閲覧
  • 8) 転移性腫瘍 渡辺 憲治 , 森本 謙一 , 谷川 徹也 , 細見 周平 , 平田 直人 , 末包 剛久 , 鎌田 紀子 , 十河 光栄 , 山上 博一 , 藤原 靖弘 , 押谷 伸英 , 荒川 哲男 医学書院 胃と腸
    43巻 4号 (2008年4月)
    pp.570-574
    • 有料閲覧
  • パテンシーカプセル内視鏡の有用性 渡辺 憲治 , 松本 紘子 , 鋳谷 成弘 , 新藤 正喜 , 塚原 卓矢 , 萩原 良恵 , 森本 謙一 , 野口 篤志 , 鎌田 紀子 , 十河 光栄 , 谷川 徹也 , 山上 博一 , 富永 和作 , 渡辺 俊雄 , 藤原 靖弘 , 荒川 哲男 医学書院 胃と腸
    48巻 4号 (2013年4月)
    pp.479-484
    • 有料閲覧
  • 潰瘍性大腸炎の内視鏡所見 渡辺 憲治 , 松本 紘子 , 鋳谷 成弘 , 新藤 正喜 , 塚原 卓矢 , 萩原 良恵 , 森本 謙一 , 野口 篤志 , 宮嵜 孝子 , 鎌田 紀子 , 十河 光栄 , 谷川 徹也 , 山上 博一 , 富永 和作 , 渡辺 俊雄 , 藤原 靖弘 , 荒川 哲男 医学書院 胃と腸
    48巻 5号 (2013年5月)
    pp.611-618
    • 有料閲覧
  • 内視鏡的治療を施行した胃I型カルチノイドの1例 福永 周生 , 町田 浩久 , 上村 理沙 , 永見 康明 , 杉森 聖司 , 十河 光栄 , 谷川 徹也 , 斯波 将次 , 渡辺 憲治 , 渡辺 俊雄 , 富永 和作 , 藤原 靖弘 , 荒川 哲男 医学書院 胃と腸
    49巻 8号 (2014年7月)
    pp.1223-1231
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有