Japanese

Metastatic Small Intestinal Tumor Kenji Watanabe 1 , Kenichi Morimoto 1 , Tetsuya Tanigawa 1 , Shuhei Hosomi 1 , Naoto Hirata 1 , Takehisa Suekane 1 , Noriko Kamata 1 , Mitsue Sogawa 1 , Hirokazu Yamagami 1 , Yasuhiro Fujiwara 1 , Nobuhide Oshitani 1 , Tetsuo Arakawa 1 1Department of Gastroenterology, Osaka City University Graduate School of Medicine, Osaka, Japan Keyword: 転移性小腸癌 , 転移性小腸腫瘍 , 小腸内視鏡 , カプセル内視鏡 , ダブルバルーン内視鏡 pp.570-574
Published Date 2008/4/24
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403101332
  • Abstract
  • Look Inside
  • Reference
  • Cited by

 It seems possible to change the frequency of metastatic small intestinal tumors by increasing the use of examination by capsule endoscopy or double balloon enteroscopy and the development of chemotherapy. Most common primary lesions were lung cancer and malignant melanoma. The most common site of metastasis in the small intestine is the jejunum, and there is a tendency for this to multiply. The most common clinical symptom was melena or ileus. Typical findings of small bowel radiography were"bull's eye"or"transverse stretch". It is better to perform double balloon enteroscopy for patients with metastatic small intestinal tumors than capsule endoscopy, because double balloon enteroscopy makes it easy to see the whole lesion and enables the taking of biopsy specimens. We hope to improve the prognosis of patients by early diagnosis or clarification of the pathology of small intestinal tumors by using capsule endoscopy or double balloon enteroscopy.


Copyright © 2008, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • 出血性小腸疾患の診断―腫瘍および腫瘍様病変 山上 博一 , 森本 謙一 , 細見 周平 , 中谷 雅美 , 高塚 正樹 , 亀田 夏彦 , 鎌田 紀子 , 町田 浩久 , 岡崎 博俊 , 十河 光栄 , 谷川 徹也 , 渡辺 憲治 , 渡辺 俊雄 , 富永 和作 , 藤原 靖弘 , 荒川 哲男 医学書院 胃と腸
    45巻 3号 (2010年3月)
    pp.363-370
    • 有料閲覧
  • colitic cancer/dysplasiaの画像診断―特殊光内視鏡を中心に 渡辺 憲治 , 十河 光栄 , 細見 周平 , 森本 謙一 , 末包 剛久 , 鎌田 紀子 , 亀田 夏彦 , 町田 浩久 , 岡崎 博俊 , 谷川 徹也 , 山上 博一 , 富永 和作 , 渡辺 俊雄 , 藤原 靖弘 , 押谷 伸英 , 荒川 哲男 医学書院 胃と腸
    43巻 9号 (2008年8月)
    pp.1320-1324
    • 有料閲覧
  • 5) NSAIDs起因性腸炎 押谷 伸英 , 末包 剛久 , 鎌田 紀子 , 十河 光栄 , 亀田 夏彦 , 町田 浩久 , 岡崎 博俊 , 山上 博一 , 渡辺 憲治 , 渡辺 俊雄 , 富永 和作 , 藤原 靖弘 , 荒川 哲男 医学書院 胃と腸
    43巻 4号 (2008年4月)
    pp.611-616
    • 有料閲覧
  • 小さな薬剤起因性小腸病変―NSAIDsによる小腸病変 押谷 伸英 , 末包 剛久 , 鎌田 紀子 , 十河 光栄 , 亀田 夏彦 , 町田 浩久 , 岡崎 博俊 , 山上 博一 , 渡辺 憲治 , 渡辺 俊雄 , 富永 和作 , 藤原 靖弘 , 荒川 哲男 医学書院 胃と腸
    44巻 6号 (2009年5月)
    pp.960-966
    • 有料閲覧
  • 難治性潰瘍性大腸炎と5-ASA製剤―大量療法を中心に 渡辺 憲治 , 新藤 正喜 , 塚原 卓矢 , 伊藤 良恵 , 森本 謙一 , 野口 篤志 , 杉森 聖司 , 鎌田 紀子 , 十河 光栄 , 町田 浩久 , 岡崎 博俊 , 谷川 徹也 , 山上 博一 , 富永 和作 , 渡辺 俊雄 , 藤原 靖弘 , 荒川 哲男 医学書院 胃と腸
    46巻 13号 (2011年12月)
    pp.2009-2015
    • 有料閲覧
  • 潰瘍性大腸炎の内視鏡所見 渡辺 憲治 , 松本 紘子 , 鋳谷 成弘 , 新藤 正喜 , 塚原 卓矢 , 萩原 良恵 , 森本 謙一 , 野口 篤志 , 宮嵜 孝子 , 鎌田 紀子 , 十河 光栄 , 谷川 徹也 , 山上 博一 , 富永 和作 , 渡辺 俊雄 , 藤原 靖弘 , 荒川 哲男 医学書院 胃と腸
    48巻 5号 (2013年5月)
    pp.611-618
    • 有料閲覧
  • パテンシーカプセル内視鏡の有用性 渡辺 憲治 , 松本 紘子 , 鋳谷 成弘 , 新藤 正喜 , 塚原 卓矢 , 萩原 良恵 , 森本 謙一 , 野口 篤志 , 鎌田 紀子 , 十河 光栄 , 谷川 徹也 , 山上 博一 , 富永 和作 , 渡辺 俊雄 , 藤原 靖弘 , 荒川 哲男 医学書院 胃と腸
    48巻 4号 (2013年4月)
    pp.479-484
    • 有料閲覧
  • 再発を来したCrohn病関連小腸癌の1例 野口 篤志 , 渡辺 憲治 , 味岡 洋一 , 十河 光栄 , 寺田 良太 , 森本 謙一 , 宮嵜 孝子 , 鎌田 紀子 , 山上 博一 , 谷川 徹也 , 富永 和作 , 渡辺 俊雄 , 藤原 靖弘 , 前田 清 , 荒川 哲男 医学書院 胃と腸
    49巻 9号 (2014年8月)
    pp.1339-1345
    • 有料閲覧
  • 内視鏡検査からみたcolitic cancerの初期病変―遡及例の検討を含めて;(NBI)拡大内視鏡所見を中心に 渡辺 憲治 , 西下 正和 , 細見 周平 , 渡部 公彦 , 野口 篤志 , 末包 剛久 , 湯川 知洋 , 山崎 智朗 , 鎌田 紀子 , 山上 博一 , 佐々木 英二 , 佐野 弘治 , 藤原 靖弘 , 根引 浩子 , 荒川 哲男 医学書院 胃と腸
    49巻 10号 (2014年9月)
    pp.1457-1463
    • 有料閲覧
  • NSAID起因性小腸病変の内視鏡診断と鑑別疾患 山上 博一 , 亀田 夏彦 , 鎌田 紀子 , 十河 光栄 , 町田 浩久 , 岡崎 博俊 , 谷川 徹也 , 渡辺 憲治 , 渡辺 俊雄 , 富永 和作 , 藤原 靖弘 , 荒川 哲男 医学書院 胃と腸
    46巻 2号 (2011年2月)
    pp.156-160
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有