Japanese

Diagnosis of Colitis-associated Cancer or Dysplasia, Using NBI(Narrow Band Imaging)and AFI(Autofluorescence Imaging) Kenji Watanabe 1 , Mitsue Sogawa 1 , Shuhei Hosomi 1 , Kennichi Morimoto 1 , Takehisa Suekane 1 , Noriko Kamata 1 , Natsuhiko Kameda 1 , Hirohisa Machida 1 , Hirotoshi Okazaki 1 , Tetsuya Tanigawa 1 , Hirokazu Yamagami 1 , Kazunari Tominaga 1 , Toshio Watanabe 1 , Yasuhiro Fujiwara 1 , Nobuhide Oshitani 1 , Tetsuo Arakawa 1 1Department of Gastroenterology, Osaka City University Graduate School of Medicine, Osaka, Japan Keyword: 潰瘍性大腸炎 , NBI , AFI , colitis-associated cancer or dysplasia , image-enhanced endoscopy pp.1320-1324
Published Date 2008/8/25
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403101445
  • Abstract
  • Look Inside
  • Reference
  • Cited by

 The efficacy of surveillance colonoscopy, using NBI and AFI for patients with ulcerative colitis(UC)is described. NBI may indirectly provide pit pattern diagnosis for UC-associated cancer or dysplasia(CC/D). The accuracy of CC/D detection was equal to surveillance colonoscopy using NBI(NBI-SC)or surveillance colonoscopy, employing conventional magnifying chromoendoscopy(CHR-SC). The major difference was in the total time needed for surveillance for colonoscopy. NBI-SC may soon and easily be substituted for NBI observation and conventional observation. NBI-SC has efficacy similar to CHR-SC as convenient optical pancolonic chromoendoscopy, and is a very useful and time saving procedure for detection of CC/D in UC patients.

 Our preliminary study revealed the relationship of AFI observation and histological activities of UC. Colonic remission mucosa of patients with UC can be detected as magenta by AFI. We need also further examinations to verify the efficacy of surveillance colonoscopy by using AFI.


Copyright © 2008, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • 出血性小腸疾患の診断―腫瘍および腫瘍様病変 山上 博一 , 森本 謙一 , 細見 周平 , 中谷 雅美 , 高塚 正樹 , 亀田 夏彦 , 鎌田 紀子 , 町田 浩久 , 岡崎 博俊 , 十河 光栄 , 谷川 徹也 , 渡辺 憲治 , 渡辺 俊雄 , 富永 和作 , 藤原 靖弘 , 荒川 哲男 医学書院 胃と腸
    45巻 3号 (2010年3月)
    pp.363-370
    • 有料閲覧
  • 小さな薬剤起因性小腸病変―NSAIDsによる小腸病変 押谷 伸英 , 末包 剛久 , 鎌田 紀子 , 十河 光栄 , 亀田 夏彦 , 町田 浩久 , 岡崎 博俊 , 山上 博一 , 渡辺 憲治 , 渡辺 俊雄 , 富永 和作 , 藤原 靖弘 , 荒川 哲男 医学書院 胃と腸
    44巻 6号 (2009年5月)
    pp.960-966
    • 有料閲覧
  • 5) NSAIDs起因性腸炎 押谷 伸英 , 末包 剛久 , 鎌田 紀子 , 十河 光栄 , 亀田 夏彦 , 町田 浩久 , 岡崎 博俊 , 山上 博一 , 渡辺 憲治 , 渡辺 俊雄 , 富永 和作 , 藤原 靖弘 , 荒川 哲男 医学書院 胃と腸
    43巻 4号 (2008年4月)
    pp.611-616
    • 有料閲覧
  • 難治性潰瘍性大腸炎と5-ASA製剤―大量療法を中心に 渡辺 憲治 , 新藤 正喜 , 塚原 卓矢 , 伊藤 良恵 , 森本 謙一 , 野口 篤志 , 杉森 聖司 , 鎌田 紀子 , 十河 光栄 , 町田 浩久 , 岡崎 博俊 , 谷川 徹也 , 山上 博一 , 富永 和作 , 渡辺 俊雄 , 藤原 靖弘 , 荒川 哲男 医学書院 胃と腸
    46巻 13号 (2011年12月)
    pp.2009-2015
    • 有料閲覧
  • NSAID起因性小腸病変の内視鏡診断と鑑別疾患 山上 博一 , 亀田 夏彦 , 鎌田 紀子 , 十河 光栄 , 町田 浩久 , 岡崎 博俊 , 谷川 徹也 , 渡辺 憲治 , 渡辺 俊雄 , 富永 和作 , 藤原 靖弘 , 荒川 哲男 医学書院 胃と腸
    46巻 2号 (2011年2月)
    pp.156-160
    • 有料閲覧
  • 潰瘍性大腸炎の内視鏡所見 渡辺 憲治 , 松本 紘子 , 鋳谷 成弘 , 新藤 正喜 , 塚原 卓矢 , 萩原 良恵 , 森本 謙一 , 野口 篤志 , 宮嵜 孝子 , 鎌田 紀子 , 十河 光栄 , 谷川 徹也 , 山上 博一 , 富永 和作 , 渡辺 俊雄 , 藤原 靖弘 , 荒川 哲男 医学書院 胃と腸
    48巻 5号 (2013年5月)
    pp.611-618
    • 有料閲覧
  • 8) 転移性腫瘍 渡辺 憲治 , 森本 謙一 , 谷川 徹也 , 細見 周平 , 平田 直人 , 末包 剛久 , 鎌田 紀子 , 十河 光栄 , 山上 博一 , 藤原 靖弘 , 押谷 伸英 , 荒川 哲男 医学書院 胃と腸
    43巻 4号 (2008年4月)
    pp.570-574
    • 有料閲覧
  • パテンシーカプセル内視鏡の有用性 渡辺 憲治 , 松本 紘子 , 鋳谷 成弘 , 新藤 正喜 , 塚原 卓矢 , 萩原 良恵 , 森本 謙一 , 野口 篤志 , 鎌田 紀子 , 十河 光栄 , 谷川 徹也 , 山上 博一 , 富永 和作 , 渡辺 俊雄 , 藤原 靖弘 , 荒川 哲男 医学書院 胃と腸
    48巻 4号 (2013年4月)
    pp.479-484
    • 有料閲覧
  • 内視鏡検査からみたcolitic cancerの初期病変―遡及例の検討を含めて ; (NBI)拡大内視鏡所見を中心に 渡辺 憲治 , 西下 正和 , 細見 周平 , 渡部 公彦 , 野口 篤志 , 末包 剛久 , 湯川 知洋 , 山崎 智朗 , 鎌田 紀子 , 山上 博一 , 佐々木 英二 , 佐野 弘治 , 藤原 靖弘 , 根引 浩子 , 荒川 哲男 医学書院 胃と腸
    49巻 10号 (2014年9月)
    pp.1457-1463
    • 有料閲覧
  • 再発を来したCrohn病関連小腸癌の1例 野口 篤志 , 渡辺 憲治 , 味岡 洋一 , 十河 光栄 , 寺田 良太 , 森本 謙一 , 宮嵜 孝子 , 鎌田 紀子 , 山上 博一 , 谷川 徹也 , 富永 和作 , 渡辺 俊雄 , 藤原 靖弘 , 前田 清 , 荒川 哲男 医学書院 胃と腸
    49巻 9号 (2014年8月)
    pp.1339-1345
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有