Japanese

Whipple's Disease and Strongyloides stercoralis Infection Fukunori Kinjo 1 , Nagisa Kinjo 1 , Manabu Nakamoto 1 , Kazuto Kishimoto 1 , Hiroshi Chinen 1 , Ko Ihama 1 , Osamu Zaha 1 , Nobufumi Uchima 1 , Ryosaku Tomiyama 1 , Kiyoshi Maeda 1 , Megumi Chrlistensen 2 , Tetsuo Hirata 2 , Akira Hokama 2 , Jiro Fujita 2 1Department of Endoscopy, Ryukyu University Hospital, Okinawa, Japan 2First Department of Internal Medicine, Ryukyu University Hospital, Okinawa, Japan Keyword: Whipple病 , 糞線虫症 , 腸管感染症 , 診断 , 治療 pp.643-650
Published Date 2008/4/24
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403101343
  • Abstract
  • Look Inside
  • Reference
  • Cited by

 Whipple's disease (WD) is a very rare infectious disease caused by the Gram-positive bacillus Tropheryma whipplei. WD is usually characterized as a malabsorption syndrome. Abdominal pain, diarrhea, weight loss and arthralgia are usual clinical manifestations of WD. The hallmark of the disease is the accrual of periodic-acid Schiff (PAS)-stained foamy macrophages in the lamina propria of patient duodenal biopsies. The definitive diagnosis of WD is made after detection by PCR of Tropheryma whipplei DNA. Strongyloides stercoralis (S. stercoralis) infection is an important neomatodiasis of humans and fatal in immunocompromised hosts. The infection rate of S. stercoralis in Okinawa Prefecture, Japan, was found to be 7.9~18.2%. S. stercoralis is located mainly in the duodenum and jejunum of humans. S. stercoralis infectin is usually asymptomatic. The severe strongyloidiasis is manifested by diarrhea, edema, weight loss and paretic ileus. The definitive diagnosis of the strongyloidiasis is made after detection of S. stercoralis by Agar-plate culture method.


Copyright © 2008, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • Whipple病の1例 金城 福則 , 豊見山 良作 , 外間 昭 , 与儀 竜治 , 前田 企能 , 大城 勝 , 高木 亮 , 小橋川 ちはる , 井濱 康 , 宮城 聡 , 眞喜 志知子 , 岸本 一人 , 金城 渚 , 中山 崇 , 岩下 明徳 医学書院 胃と腸
    40巻 8号 (2005年7月)
    pp.1197-1201
    • 有料閲覧
  • 非腫瘍性びまん性十二指腸病変の診断―糞線虫症のX線,内視鏡所見を中心に 金城 福則 , 内間 庸文 , 座覇 修 , 平田 哲生 , 又吉 亮二 , 大見謝 秀巨 , 豊見山 良作 , 岸本 一人 , 仲本 学 , 諸喜田 林 , 小波津 寛 , 金城 渚 , 外間 昭 , 斎藤 厚 医学書院 胃と腸
    37巻 6号 (2002年5月)
    pp.819-828
    • 有料閲覧
  • 5)糞線虫症 金城 福則 , 座覇 修 , 平田 哲生 , 内間 庸文 医学書院 胃と腸
    37巻 3号 (2002年2月)
    pp.437-441
    • 有料閲覧
  • 十二指腸上行部に発生し,大量出血を呈した有茎性gangliocytic paragangliomaの1例 武嶋 恵理子 , 青山 肇 , 金城 福則 , 田端 そうへい , 小橋川 ちはる , 岸本 一人 , 仲本 学 , 平田 哲生 , 金城 渚 , 外間 昭 , 藤田 次郎 , 松﨑 晶子 , 狩俣 弘幸 , 長濱 正吉 , 西巻 正 , 下地 耕平 , 諸喜田 林 医学書院 胃と腸
    49巻 6号 (2014年5月)
    pp.940-947
    • 有料閲覧
  • 糞線虫症 金城 徹 , 外間 昭 , 金城 福則 , 平田 哲生 , 岸本 一人 , 伊良波 淳 , 大平 哲也 , 田中 照久 , 大石 有衣子 , 島袋 耕平 , 田端 そうへい , 古賀 絵莉香 , 藤田 次郎 医学書院 胃と腸
    54巻 12号 (2019年11月)
    pp.1644-1647
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有