産科エマージェンシー臨床推論
  • 有料閲覧

産科エマージェンシー臨床推論

筆頭著者 望月 礼子(著) 橋井 康二 (監修) 鹿児島大学病院救命救急センター ハシイ産婦人科院長 メディカ出版 電子版ISBN 電子版発売日 2020年4月27日 ページ数 128 判型 B5 印刷版ISBN 978-4-8404-7225-8 印刷版発行年月 2020年5月

閲覧方法のご案内

この書籍・雑誌を閲覧するためにはログインが必要になります。
パスワードを忘れた場合 新しくユーザー登録する

購入案内

書籍・雑誌概要

【妊産婦の訴えを早期診断・治療へつなげる!】
いざというとき、妊産婦の訴えから迅速にレッドフラッグを聞き取り、早期診断へつなげるためには? 症例を用いて産科での臨床推論を訓練。この一冊で、頭の中に主訴ごとの鑑別疾患の引き出しができ、急変時の観察項目の把握につながる。産科スタッフに必須知識である「母体安全への提言」の学習にも使える。

目次

・推薦の言葉 福井トシ子
・推薦の言葉 山畑佳篤
・監修の言葉 橋井康二
・序文

◆本書の使い方:産科救急脳のつくり方

【第1章 主訴別に考える 母体急変で見逃せない疾患】
◆0 産科急変の概要
◆1 エマージェンシー臨床推論とは?
◆2 主訴〈呼吸困難〉
◆3 主訴〈頭痛〉
◆4 主訴〈胸痛〉
◆5 主訴〈痙攣〉
◆6 主訴〈腹痛〉
◆7 主訴〈意識障害〉〈心肺停止〉

【第2章 産科エマージェンシー 臨床推論ケーススタディ】
◆1 主訴〈呼吸困難〉
・前期破水で入院管理中。GBS(+)で抗菌薬投与中に息苦しさを訴えた

◆2 主訴〈呼吸困難〉
・双胎妊娠、妊娠高血圧症候群。帝切による分娩後、呼吸困難や浮腫が増強

◆3 主訴〈呼吸困難〉
・不正性器出血で緊急帝切。呼吸苦を訴え、児娩出4分後に心肺停止

◆4 主訴〈胸痛〉
・重症妊娠悪阻のため安静中。右胸痛を自覚し受診したが、自制内のため経過観察

◆5 主訴〈胸痛〉〈一過性意識消失〉
・BMI 33の肥満妊婦、両下肢腓腹筋の疼痛あり。突然の胸痛を訴えて意識消失

◆6 主訴〈頭痛〉
・妊娠高血圧腎症の初産婦。分娩開始後から血圧上昇、軽度の頭痛

◆7 主訴〈頭痛〉
・選択的帝切後、前頭部痛から意識レベルが急激に悪化

◆8 主訴〈心肺停止〉
・抗てんかん薬内服を拒否したてんかん患者。産褥1日目に心肺停止

◆9 主訴〈痙攣〉
・鎮痛効果不良の無痛分娩。3回のアナペイン追加投与後、痙攣発作

◆10 主訴〈腹痛〉
・激しい腹痛により早剥が疑われた分娩後、血圧低下と出血持続

◆11 主訴〈背部痛〉
・帝切後4日目に背部痛。発症10時間後、呼吸困難を訴え意識消失

◆12 主訴〈咽頭痛〉
・発熱と咽頭痛により受診。子宮内胎児死亡後、ショックバイタル

◆13 主訴〈血圧低下〉
・吸引とクリステレル胎児圧出法にて分娩。胎盤娩出後に出血が持続

◆14 主訴〈血圧低下〉
・子宮収縮不良で出血過多。分娩1時間後、サラサラの血液が流出

◆15 主訴〈血圧上昇〉〈心窩部痛〉
・管理入院中、HELLP症候群の診断で緊急帝切。意識消失と痙攣が出現

◆「母体安全への提言」一覧
・疾患索引
・著者紹介

◆“救急脳”をつくる主訴別二次元鑑別リスト

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る