薬学臨床推論
  • 有料閲覧

薬学臨床推論

臨床での考えかた 筆頭著者 川口 崇 岸田 直樹 (編) 南江堂 電子版ISBN 978-4-524-40396-7 電子版発売日 2021年3月8日 ページ数 344 判型 B5 印刷版ISBN 978-4-524-40365-3 印刷版発行年月 2021年3月

書籍・雑誌概要

「考える薬剤師」になるための,薬学部生を対象とした臨床推論の教科書.「薬の副作用を判断する」,「緊急性のある病態かどうか見極める」,「医師・看護師に的確に情報を提供する」ための思考過程を学べるよう編集.臨床推論の基礎理論に重点をおいた構成が,他書籍にはない特徴.臨床推論を基礎から体系立てて学びたい現役薬剤師にも最適な一冊.

目次

【内容目次】
Chapter 0 イントロダクション
Chapter 1 病歴と身体所見
Chapter 2 医療における意思決定(診断・判断)のプロセス
Chapter 3 セルフケアの推論
Chapter 4 副作用の推論
Chapter5 薬学領域における臨床推論の活用
索引

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る