ABC of 臨床推論
  • 有料閲覧

ABC of 臨床推論

診断エラーを回避する 筆頭著者 宮田 靖志 (監訳) 原著者 Nicola Cooper/John Frain 羊土社 電子版ISBN 電子版発売日 2018年10月29日 ページ数 120 判型 B5 印刷版ISBN 978-4-7581-1848-4 印刷版発行年月 2018年9月

書籍・雑誌概要

海外で研究が進む診断エラーの知見を盛り込み,臨床推論の基礎をコンパクトに解説.認知バイアスへの対処,ヒューマンファクター,診断検査や臨床ツールの効果的な利用法など,広く臨床実践に活きる知識が身につく.

目次

原書の序【Nicola Cooper, John Frain/宮田靖志】
監訳のことば【宮田靖志】
1.臨床推論:その全体像【Nicola Cooper, John Frain/和足孝之】
 1)はじめに
 2)臨床推論とは
 3)なぜ臨床推論が重要なのか
 4)病歴と診察
 5)確率と診断的検査
 6)臨床家もまた人である
 7)臨床推論は患者にとって重要である
 8)まとめ
2.エビデンスに基づいた病歴と身体診察【Steven McGee, John Frain/矢吹 拓】
 1)はじめに
 2)エビデンスに基づいた病歴
 3)自然経過と患者背景
 4)エビデンスに基づいた身体診察
 5)尤度比を使う
 6)エビデンスに基づいた病歴と身体診察の限界
 7)事例:安定型冠動脈疾患を診断する
 8)臨床所見を組み合わせる
 9)結論
3.診断検査の利用と解釈【Nicola Cooper/齋藤雄之】
 1)はじめに
 2)正常値
 3)検査結果に影響する疾患以外の要因
 4)検査特性
 5)感度と特異度
 6)集団における病気の有病率
 7)閾値
 8)まとめ
4.臨床推論のモデル【Martin Hughes, Graham Nimmo/野田和敬】
 1)はじめに
 2)演繹的推論(deductive reasoning)
 3)仮説演繹法(hypothetico-deductive reasoning)
 4)帰納的推論(inductive reasoning)
 5)仮説的推論(abductive reasoning)
 6)規則に基づく推論/分類による推論/決定論的推論(rule-based/categorical/deterministic reasoning)
 7)確率的推論(probabilistic reasoning)
 8)因果推論(causal reasoning)
 9)診断〜仮説の生成と修正
 10)Type 1およびType 2思考〜デュアルプロセスセオリー
 11)診断プロセスのエラー
 12)熟練者と初学者の推論
 13)まとめ
5.認知バイアス【Nicola Cooper/高田俊彦】
 1)はじめに
 2)症例で考える認知バイアス
 3)よくみられる認知バイアス
 4)バイアスはType1思考だけの問題なのか?
 5)認知バイアスとエキスパートの直観
 6)まとめ
6.ヒューマンファクター【Nicola Cooper/綿貫 聡】
 1)はじめに
 2)医療におけるエラー
 3)人間のパフォーマンスの限界
 4)チーム内でのコミュニケーション
 5)医療に内在するヒューマンファクター
 6)まとめ
7.メタ認知と認知バイアス除去【Pat Croskerry/山本 祐】
 1)はじめに
 2)「野蛮なる自動化」
 3)認知バイアス除去
 4)バイアス除去の全般的課題
 5)まとめ
8.ガイドライン,スコア,意思決定支援ツールを利用する【Maggie Bartlet, Simon Gay/中川紘明】
 1)はじめに
 2)臨床ガイドライン
 3)スコアと意思決定支援ツール
 4)ガイドライン,スコア,意思決定支援ツール使用のピットフォール
 5)診療に臨床ガイドラインを適用する;患者が意思決定を共有することを援助する
 6)まとめ
9.臨床推論の教育【Nicola Cooper, Ana L. Da Silva, Sian Powell/小比賀美香子】
 1)はじめに
 2)らせん型カリキュラム(spiral curriculum)
 3)臨床推論に関する教育理論
 4)教育テクニック
 5)臨床推論における省察
 6)まとめ
推薦書籍・論文・ウェブサイト
索引

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る