デバイスとITを使いこなす脳神経外科手術
  • 有料閲覧
≪新NS NOW 9≫

デバイスとITを使いこなす脳神経外科手術

器具・機器を知ってテクニックに生かす 筆頭著者 伊達 勲 (担当編集委員) メジカルビュー社 電子版ISBN 978-4-7583-7519-1 電子版発売日 2017年8月21日 ページ数 156 判型 A4 印刷版ISBN 978-4-7583-1569-2 印刷版発行年月 2017年3月

閲覧方法のご案内

この書籍・雑誌を閲覧するためにはログインが必要になります。
パスワードを忘れた場合 新しくユーザー登録する

購入案内

書籍・雑誌概要

脳神経外科手術に用いられる多種多様な器具・機器(デバイス),進歩の目覚ましいデジタル医療機器までを取り上げ,その用途と運用,手術にどう活かすかをカラー写真・イラストを多用して紹介。
鋏やクリップなどのまさに基礎の基礎といった器具から,シャントチューブや血管内治療に用いるコイル,血栓回収用デバイス,インストゥルメンテーションのスクリューなど特徴的な器具を使用する手術の紹介に加え,3Dモデルを使った術前シミュレーションやハイブリッド手術に適した手術室の構築などについても記載。正確で安全な手術のためにITを駆使した工夫を取り入れた施設の最新の状況や,今後ITを導入するために役立つ情報も紹介している。
デバイスやITに興味とこだわりを持ち,手術や日常の診療にそれを生かし,使いこなすための助けとなる1冊。

目次

シャントシステムと水頭症手術  赤井卓也
クリップの種類に注目した脳動脈瘤クリッピング  堀内哲吉
マイクロ鋏の使いかた  石川達哉
顕微鏡の特性とそれをどう活かすか  岩間 亨
内視鏡下鍵穴手術のセットアップと実際  小松文成
コイルの種類と脳動脈瘤塞栓術  反町隆俊
急性期脳梗塞の治療に役立つ血栓回収デバイスの知識  西 秀久,ほか
脊椎手術インストゥルメンテーション 安全な椎弓根スクリュー刺入のために  安原隆雄,ほか
定位脳手術のデバイスと手術手技  梅村 淳,ほか
ITを駆使した術前シミュレーション  福多真史,ほか
秋葉原,通販,100円ショップで購入し構築できる手術情報統合装置と臨床応用  山口文雄
脳神経外科を学びやすい手術室  市川智継,ほか
ITを駆使した手術記録  吉金 努

●シリーズ わたしの手術記載
①動脈瘤クリッピング術  伊達 勲
②脳血管障害  野田公寿茂

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る