わたしがもういちど看護師長をするなら
  • 有料閲覧

わたしがもういちど看護師長をするなら

筆頭著者 坂本 すが (著) 医学書院 電子版ISBN 978-4-260-61478-8 電子版発売日 2016年7月4日 ページ数 130 判型 四六 印刷版ISBN 978-4-260-01478-6 印刷版発行年月 2011年8月

閲覧方法のご案内

この書籍・雑誌を閲覧するためにはログインが必要になります。
パスワードを忘れた場合 新しくユーザー登録する

購入案内

書籍・雑誌概要

助産師、看護管理者として30数年間、患者に接しながら現場のマネジメントに携わってきた、日本看護協会会長によるマネジメント実践書。現場の多くの管理者がぶつかる問題や悩みについて、自身の経験を振り返りながら解説。単なるスキルではなく、何のためにどのように乗り越えていくのかを、エピソードを交えて、発想の仕方を日常のことばで語る。

目次

 はじめに

第1章 組織マネジメント
 看護管理者は「仕事を楽(ラク)にする」こと
 「仕事が楽しい!」は、看護師としての「やりがい」が出はじめた証
 問題解決の方法はリスクが最小限のものを選ぶ
 問題解決までのプロセスを重視する-奥の手は最後まで取っておく
 根回しとは小さな確認作業を繰り返すこと
 本質を残して、あとは捨てる
 周囲を俯瞰し患者のリスクを察知できる看護師だからこその特定看護師(仮称)
 チームワーク強化には、協働するメリットを見せる
 特定のスタッフに仕事を集中させず、チーム全体で成果を出す
 人の評価は、必ずプラス思考で
 「一〇%だけ成長する」を合言葉に
 いたずらに同僚を批判する人には新たな仕事を
 スタッフに緊張感をもたせるには少しドキドキさせる
 表面上の事象で判断せず、深読みする
 共通言語をつくる
 批判的な意見には真摯に耳を傾け、その意味を考える

第2章 人材マネジメント
 「合わせ鏡」でいる
 時には立ち止まって内省する
 自己制御力をもつにはユーモアとジョークで
 壁にぶつかったスタッフには、「場所を変える」よう勧める
 よく働き、よく遊べと新人をけしかける
 スタッフのキャリア形成は多様でよし
 常に最終目標を見失わない
 スタッフに裁量権をもたせるようにする
 真摯でいる

第3章 タイムマネジメントとリスクマネジメント
 なぜタイムマネジメントか-目的と締切日を共有する
 タイムマネジメントは長期&短期目標を組む
 最初に締切日を徹底させる
 リスク管理は先手必勝-後手は禁止

第4章 政治のなかにある看護 生活のなかにある看護
 政治の動きに目を向け、社会の将来像から看護のあり方を探る
 地域医療のリーダーとして-訪問看護の標準化と普及を
 小規模多機能型居宅介護で「看護のいえ」をつくりたい
 リーダーとは「新しい価値を見出せる人」

 おわりに

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る