Year Book of RCC 2019
  • 有料閲覧

Year Book of RCC 2019

筆頭著者 冨田 善彦 金山 博臣 植村 天受 篠原 信雄 (編集) 新潟大学副学長/新潟大学医歯学総合病院病院長/泌尿器科教授 徳島大学大学院医歯薬学研究部泌尿器科学分野教授 近畿大学医学部泌尿器科主任教授 北海道大学大学院医学研究院腎泌尿器外科学教室教授 メディカルレビュー社 電子版ISBN 電子版発売日 2020年7月13日 ページ数 128 判型 B5 印刷版ISBN 978-4-7792-2292-4 印刷版発行年月 2019年12月

書籍・雑誌概要

腎細胞癌に関する現時点での知見と,現場の感覚を失わない「本当のところ」がわかる1冊。

目次

Ⅰ Round Table Discussion
  Far-advanced diseaseおよびHigh risk RCCに対する初期治療/冨田善彦/金山博臣/植村天受/篠原信雄

Ⅱ Topics of RCC Yes or No ―cytoreductive nephrectomy―
 1.overview:転移性RCCに対するcytoreductive nephrectomyの歴史的変遷/高橋正幸 ほか
 2.Case Base Debate①:Upfrontのcytoreductive nephrectomy
  1)Yes:行うべき/高木敏男
  2)No:慎重であるべき/大澤崇宏 ほか
 3.Case Base Debate②:治療経過中のcytoreductive nephrectomy
  1)Yes:行うべき/吉村一宏 ほか
  2)No:慎重であるべき/加藤智幸

Ⅲ TKI up to date 新規TKIへの展望と期待
 1.overview:RCC治療におけるこれまでのTKI治療の総括と現状/中山雅志 ほか
 2.Cabozantinib
  1)開発の経緯とRCC以外の癌腫での状況/笠原 隆
  2)RCCでの状況/水野隆一 ほか
 3.レンバチニブ/立神勝則

Ⅳ 付録
  RCC関連演題の一覧(ASCO 2019,AUA 2019,ESMO 2019)
  索引
  編集者プロフィール

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る