The Liver Cancer Journal Vol.11 No.1
  • 有料閲覧

The Liver Cancer Journal Vol.11 No.1

座談会 肝癌モデルの展望 メディカルレビュー社 電子版ISBN 電子版発売日 2020年9月28日 ページ数 56 判型 A4判変型 印刷版ISSN 1883-9347 印刷版発行年月 2019年2月

書籍・雑誌概要

座談会 肝癌モデルの展望
肝癌に関する最新の研究動向から実地診療におけるノウハウまで,研究者・臨床家の叡智を結集して,質の高い最新情報を提供する日本初の肝癌に特化した学術専門雑誌。

目次

○目で見る肝癌
・多発性再発性肝癌に対し,ソラフェニブを含む集学的治療により完全奏効が得られ,その後のDAA治療によりC型肝炎ウイルスのSVRを得られた症例/池田直人 ほか
○Round Table Discussion
・肝癌モデルの展望/(司会)油谷浩幸/(出席者)宮島 篤/武部貴則/矢野博久
○Special Articles
・肝細胞癌のゲノム医療を目指して
 ①liquid biopsy/山内理海 ほか
 ②肝細胞癌におけるdriver mutationとmutation burden/千葉哲博 ほか
○Topics of HCC
・動き始めた大規模臨床試験JCOG1315C:陽子線治療 vs.肝切除/藤 浩 ほか
○HCC Best Practice
・東京女子医科大学消化器病センター消化器外科における肝細胞癌治療の取り組み
 診療科の垣根を越え,手術はもとより病理を含めた臨床診断,RFA,TACE,化学療法の知識・技術を備えた集学的な治療を提供/山本雅一
○Meeting Report
・第54回日本肝癌研究会/近藤礼一郎 ほか
・第12回国際肝癌学会(ILCA2018)/小川 力
・第22回日本肝臓学会大会(JDDW2018)/前川伸哉
・第69回米国肝臓学会議(AASLD2018)/平岡 淳

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る