世界でいちばん簡単に血ガスがわかる、使いこなせる本
  • 有料閲覧
ナース・研修医のための

世界でいちばん簡単に血ガスがわかる、使いこなせる本

筆頭著者 古川 力丸 (著) 日本大学医学部 救急医学系救急集中治療医学分野/医療法人弘仁会板倉病院 救急部部長 メディカ出版 電子版ISBN 電子版発売日 2019年4月22日 ページ数 128 判型 A5 印刷版ISBN 978-4-8404-5438-4 印刷版発行年月 2016年2月

書籍・雑誌概要

【Dr.力丸の史上最高にわかる血ガス本!】

血ガスなんて15分で読めるようになる! 3ステップ法で○○性○○ーシスがわかれば、大事なのは原因検索と対応。だって、分類するだけじゃ治療もケアも進んでないでしょ? 臨床で血ガス値を使いこなしたいあなたのための、Dr.力丸流かんたん血液ガストーク。

目次

・はじめに
・登場人物

◆session1 はじめに:血ガス検査ってなあに?
◆session2 まずは、酸素化を評価しよう
◆session3 換気を評価しよう
◆session4 血ガス(酸塩基平衡)を読んでみよう
◆session5 代償反応を理解しよう
◆session6 血ガスを読んでみよう(練習編)
◆session7 換気管理の真髄
◆session8 血ガスを読む、その先に……
◆session9 サチュレーションあれこれ
◆session10 静脈血ガスのススメ
◆EX シチュエーションあれこれ

・用語一覧
・索 引

【column】
・PaO2か、サチュレーションか、それが問題だ
・A-aDO2ってなあに
・先生、逆転してます!
・乳酸値
・代償限界、代償の予測式について
・緩衝系について
・呼吸商ってなあに
アニオンギャップ
・ベースエクセス
・ヤバそうなんで、ちょっと右にずれてもらっていいですか?
・P50(ピー・フィフティー)
・アシデミアでは、ふつうカリウムは高値である
・小児、妊産婦
・ヤバい、アシドーシスだ! メイロン、メイロン……

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る