腱移行術による麻痺手の再建とその応用
  • 有料閲覧

腱移行術による麻痺手の再建とその応用

頸損麻痺レベル別99手におよぶ機能再建術 筆頭著者 橋爪長三 (著) 特定医療法人新生病院名誉院長 三和書籍 電子版ISBN 978-4-86251-229-1 電子版発売日 2017年3月6日 ページ数 196 判型 B5 印刷版ISBN 978-4-86251-193-5 印刷版発行年月 2016年4月

書籍・雑誌概要

本書は、著者が12年間にわたりハンセン病患者の治療に従事してきた経験と知識と技術のすべてが詰まった貴重な一冊です。また、他ではあまり見られない腱移行術の具体例を挙げて説明しているのが本書の特徴です。これから、治療、研究に携わる若い医師たちにもお勧めです。

目次

第1章 総論ならびに機能再建がおこなわれた対象疾患
 第1節 腱移行術の定義
 第2節 解剖
 第3節 診察のポイント
 第4節 手術のポイント
第2章 麻痺の分類と手術術式
 第1節 末梢神経麻痺の分類
 第2節 麻痺型と手術の計画
第3章 末梢神経障害、筋の外傷、あるいは麻痺性疾患による麻痺手の再建について
 第1節 はじめに
 第2節 麻痺型と実際の手術計画

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る