ADHDクロストーク
  • 有料閲覧

ADHDクロストーク

筆頭著者 齊藤 万比古 飯田 順三 宮島 祐 (著) 恩賜財団母子愛育会愛育相談所所長/奈良県立医科大学医学部看護学科人間発達学教授/東京家政大学子ども学部子ども支援学科教授 中外医学社 電子版ISBN 電子版発売日 2020年7月20日 ページ数 206 判型 A5 印刷版ISBN 978-4-498-22918-1 印刷版発行年月 2020年7月

書籍・雑誌概要

医療の枠を超え様々な領域で関心を持たれるようになったADHD.現実とエビデンスの狭間で悩み迷いながらも,よりよい診療を模索し続けてきた3人の臨床家が「ADHD臨床」について語りつくしました.ADHDの概念から診断・評価,治療・支援まで,確かな知識と臨床経験に基づいた,3人の温かな言葉が飛び交う鼎談.医師のみならず、教育・福祉・心理関係者、保護者の皆様にもぜひ手に取っていただきたい1冊です.

目次

目 次

第1章 ADHDの概念を問う
 1 『ぼうぼうあたま』に描かれたADHD
 2 ADHDの歴史
 3 なぜADHDがこんなに注目されるのか
 4 どうしたらゆとりのある社会になれるのか
 5 現在わが国でADHDはどのように受け止められているのか
 6 ADHD概念の来し方・行く末―ADHDは均質性の高い疾患か異種性の高い疾患か
 7 ADHDとASDの併存について―過剰診断につながっていないか
 8 自尊心(self-esteem)の向上について
 9 ADHDの病因論と病態論
 10 ADHDの症候,特に二次障害の出現過程
 11 ADHDの子どものアタッチメント
 12 生後の環境要因(特に児童虐待)はADHDとどう関連するか
 13 ADHDを持つ子どもはどれくらいいるのか
 参考文献 

第2章 ADHDの診断・評価をめぐって
 1 DSM-5による操作的診断によって診断を行うとはどういうことか
 2 ADHDの主訴,どんな状態像や問題からADHDを疑うか
 3 ADHDの成育歴の注目すべきポイント
 4 ADHDの家族歴聴取で留意すべきポイント
 5 子どもの年代によるADHD診断の配慮ないし留意すべきポイント
 6 ADHDの併存症と鑑別すべき諸疾患(「鑑別か併存か」という問題を含む)
 7 ADHD診断に必要な医学的検査はなにか
 8 生物学的マーカーの可能性をめぐって
 9 心理検査について
 1 0診断・評価の結果(見立て)を親,学校とどう共有するか
 参考文献

第3章 ADHDの治療・支援をめぐって
 1 治療・支援の現状について何を感じているか―ポジティブな点,ネガティブな点
 2 治療・支援は何を目指して行うのか
 3 治療・支援の流れ
 4 心理社会的治療・支援について
 5 薬物療法について
 6 入院治療の位置づけ
 7 教育,児童福祉,司法など他領域との連携について
 参考文献

第4章 積み残しの課題とまとめ
 参考文献

おわりに

索引

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る