日常診療で臨床疑問に出会ったとき何をすべきかがわかる本
  • 有料閲覧

日常診療で臨床疑問に出会ったとき何をすべきかがわかる本

筆頭著者 片岡 裕貴 (著) 兵庫県立尼崎総合医療センター呼吸器内科 中外医学社 電子版ISBN 電子版発売日 2019年4月1日 ページ数 132 判型 A5 印刷版ISBN 978-4-498-01408-4 印刷版発行年月 2019年3月

書籍・雑誌概要

日々の診療でぶつかる臨床疑問とは何か、そして、それを解決するためには何が必要なのか、という観点から、臨床研究とは、研究デザインとは、GRADEとは、などなど正しいEBMを実践するうえで知っておかなければならない基本中のキホンをわかりやすく解説する。
初期研修医に対する日常の検索指導や診療ガイドラインの作成、一次研究の実地まで行った著者の経験を余すところなく盛り込んだ“臨床疑問を解決する”ための良書。

目次

目次

第1部 臨床疑問の調べ方
 1 臨床疑問の分類
 2 EBMの5つのステップ
 3 Background questionの扱い方
 4 二次文献を読もう
 5 ガイドラインとは?
 6 Background questionの検索具体例
 7 Foreground questionの分類と構造化
 8 エビデンスのピラミッドから系統的レビューへ
 9 治療の疑問に関する系統的レビューの読み方
 10 検査の有効性に関する疑問
 11 検査の有効性に関する疑問の調べ方
 12 割合,曝露に関する疑問と一次研究論文
 13 予測指標の探し方と使い方
 コラム1●予測指標の未来とAI
 コラム2●未来の系統的レビュー
 14 適用する
 15 振り返る
 コラム3●Google—based medicineの可能性

第2部 症例報告のための調べ方
 1 症例報告をするために 「一つ新しい」ロジックを作る
 2 「一つ新しい」を証明するための検索方法=系統的検索
 3 症例報告のための検索 実践編

おわりに

謝辞

索引

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る