ロボット支援手術
  • 有料閲覧
≪Urologic Surgery Next 2≫

ロボット支援手術

筆頭著者 土谷 順彦 (担当編集委員) メジカルビュー社 電子版ISBN 電子版発売日 2019年2月25日 ページ数 196 判型 A4 印刷版ISBN 978-4-7583-1331-5 印刷版発行年月 2018年4月

書籍・雑誌概要

近年めざましい進歩を遂げた泌尿器科手術の最前線を,第一線で活躍するエキスパートがオールカラーの豊富な写真・イラストとともにわかりやすく解説した『Urologic Surgery Next』シリーズ。
No.2のテーマは「ロボット支援手術」。外科領域で最もロボット手術が施行されているのが泌尿器科である。現在,前立腺全摘除術(RARP),腎部分切除術(RAPN),膀胱全摘除術がロボット手術で行われており,泌尿器科のロボット手術は今後ますますその適応を拡大していくと考えられる。ロボット手術の手技習得が不可欠である泌尿器科臨床医にとって,必携の一冊。

目次

I 前立腺の手術
 RARP に必要な外科解剖  本田正史,武中 篤
 経腹的アプローチによるRARP
  anterior approach(神経温存を含む)  後藤百万
  posterior approach  戸澤啓一
 後腹膜アプローチによるRARP  奥村和弘
 確実な膀胱頸部処理の工夫  北村香介,堀江重郎
 ナビゲーションによるRARP  本田俊一朗,沖原宏治,浮村 理
 RARP 術後の尿禁制改善のための術式の工夫  小川総一郎,羽賀宣博,小島祥敬
 RARP におけるtotal pelvic reconstruction のコンセプトと実際(尿路再建法としてのtotal pelvic reconstruction)  白木良一
 局所進行癌に対するRARP  豊島優多,藤元博行
 骨盤内リンパ節郭清  服部一紀
 
Ⅱ 腎の手術
 経腹膜到達法によるロボット腎部分切除術(動脈全阻血法)  近藤恒徳
 腹膜外到達法による腎部分切除術  雑賀隆史
 選択的腎動脈クランプ法による腎部分切除術  古川順也,藤澤正人
 腎盂形成術  上仁数義,小林憲市,河内明宏
 
Ⅲ 膀胱の手術と尿路再建術
 膀胱全摘除術(男性)  井上高光,羽渕友則
 女性における膀胱全摘除術  武藤 智
 拡大リンパ節郭清  土谷順彦,羽渕友則
 回腸導管  日下 守,白木良一
 新膀胱造設術  古家琢也,大山 力
 
Ⅳ ロボット支援手術のトラブルシューティング  吉村耕治

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る