脊椎外科書
  • 有料閲覧

脊椎外科書

筆頭著者 清水 克時 (著) 岐阜大学教授 南江堂 電子版ISBN 978-4-524-28599-0 電子版発売日 2016年6月6日 ページ数 156 判型 A4 印刷版ISBN 978-4-524-26769-9 印刷版発行年月 2013年3月

書籍・雑誌概要

脊椎外科診療における初診から診断,治療方針の立て方,手術の実際まで,「考えなければならないポイント」を脊椎外科の第一人者である著者の多くの経験に基づいて実践的に示した.特に手術に関しては,症例を豊富な写真や図を用いて多数紹介し,著者の経験から知り得たコツを詳述.脊椎専門医を目指す若手から脊椎診療に携わる非専門医まで,臨床で指針となる実際書.

目次

【内容目次】
脊椎外科総論
脊椎外科各論
1.脊椎インストゥルメンテーション
2.術後脊椎感染症
3.脊椎感染症
4.頸椎変性疾患
5.胸椎椎間板ヘルニア
6.腰椎椎間板ヘルニア
7.腰椎分離症
8.骨粗鬆症性椎体骨折
9.脊髄外科
10.側弯の手術
11.関節リウマチ
12.脊椎腫瘍
あとがき
索引

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る