脊椎脊髄外科テキスト
  • 有料閲覧

脊椎脊髄外科テキスト

筆頭著者 高橋 和久 (編) 千葉大学整形外科 南江堂 電子版ISBN 978-4-524-25127-8 電子版発売日 2016年11月21日 ページ数 300 判型 B5 印刷版ISBN 978-4-524-25877-2 印刷版発行年月 2016年8月

書籍・雑誌概要

脊椎脊髄外科を専門領域とすることを志す医師のためのテキスト。同領域の臨床・研究に高い実績を誇る千葉大学脊椎外科グループの臨床経験・修練内容に即して基礎・診断・治療・周術期管理、および各疾患の病態と実践的知識を解説。脊椎脊髄外科診療の第一線に立つために求められる高水準の知識を網羅している。

目次

【内容目次】
I.総論:基本編
 A.解剖と機能
  1.脊椎の解剖とバイオメカニクス
  2.脊髄の解剖と機能・血管支配
 B.診断
  1.診断総論:脊椎脊髄疾患のみかた
  2.神経学的検査(高位・横位診断,神経支配,特徴的症候群)
  3.画像検査
  4.その他の検査法
 C.治療
  1.保存療法
  2.周術期管理
 D.押さえておくべき病態
  1.感染症
  2.骨粗鬆症
  3.関節リウマチ
  4.急性痛・慢性痛
II.各論:疾患編
 A.外傷性疾患
  1.脊椎損傷
  2.脊髄損傷
 B.脊椎変性疾患
  (1)先天異常・変形
   1.脊椎・脊髄に関連のある先天性奇形
   2.脊柱変形(主に思春期周辺とその他の脊柱変形)
  (2)変性疾患
   1.変形性頚椎症
   2.頚椎症性脊髄症
   3.頚椎症性筋萎縮症
   4.頚椎部屈曲性脊髄症
   5.脳性麻痺に合併した頚髄症
   6.頚椎症性神経根症
   7.椎間板ヘルニア(頚椎,胸椎,腰椎)
   8.靱帯骨化症(頚椎後縦靱帯,胸椎後縦靱帯,黄色靱帯)
   9.頚肩腕症候群
   10.腰部脊柱管狭窄症
   11.腰椎すべり症
   12.透析脊椎症
   13.骨粗鬆症性椎体骨折
  (3).炎症性疾患
   1.関節リウマチによる頚椎病変
   2.化膿性脊椎炎
   3.結核性脊椎炎
 C.脊髄疾患・末梢神経疾患・血管疾患
  1.脊髄係留症候群
  2.脊髄空洞症
  3.脊髄ヘルニア
  4.胸郭出口症候群
  5.脊髄非腫瘍性病変
  6.脊髄血管障害
 D.腫瘍性疾患
  1.脊髄腫瘍
  2.脊椎腫瘍
   a.原発性腫瘍
   b.転移性腫瘍
  3.嚢腫性病変
索引

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る