ナラティヴでみる看護倫理
  • 有料閲覧

ナラティヴでみる看護倫理

6つのケースで感じるちからを育む 筆頭著者 鶴若 麻理 (編) 聖路加国際大学准教授 その他の著者 麻原きよみ 南江堂 電子版ISBN 978-4-524-28649-2 電子版発売日 2016年6月6日 ページ数 126 判型 B5 印刷版ISBN 978-4-524-26736-1 印刷版発行年月 2013年12月

書籍・雑誌概要

1人称のナラティヴでときあかす看護倫理の新しいテキスト.現代の医療問題を照らす6つのケースをとおして,登場人物の声に耳をかたむける.何を感じ,どう対処するか―物語を通じて生じる読者の心の動きは,臨床看護師として本当に必要な倫理的感性を磨くきっかけとなる.看護倫理の教材に.また日常業務のなか悩む看護師がひもとく本として.

目次

【内容目次】
I章 なぜ「ナラティヴ」に注目するのか
 A.ナラティヴ“感じる”こと
 B.割り切れない思い
 C.倫理とは
 D.倫理にかなう看護実践とは
 E.本書でのナラティヴの活用
 F.「看護倫理の扉」の取り組みかた
II章 ナラティヴから考える6つの臨床ケース
 ケース1 本人と家族との意向のずれ
 ケース2 患者の命は誰が決めるのか
 ケース3 眠っているのか,眠らされているのか-伝えられなかった大切な情報
 ケース4 本人と家族,医療者とのはざまで-利用者の尊厳をどこまで守れるのか
 ケース5 組織の使命を果たすことと-スタッフの安全を守ること
 ケース6 誰からも信じてもらえない-生かされなかった看護学生の得た情報
III章 ケースのふりかえり-倫理的課題と今後の行動に向けて
 A.ケース1 本人と家族との意向のずれ
 B.ケース2 患者の命は誰が決めるのか
 C.ケース3 眠っているのか,眠らされているのか-伝えられなかった大切な情報
 D.ケース4 本人と家族,医療者とのはざまで-利用者の尊厳をどこまで守れるのか
 E.ケース5 組織の使命を果たすことと-スタッフの安全を守ること
 F.ケース6 誰からも信じてもらえない-生かされなかった看護学生の得た情報
IV章 倫理的感受性を育む「ナラティヴ」
 A.従来の臨床倫理におけるアプローチ
 B.ナラティヴ・アプローチ
 C.ナラティヴに注目することでみえてくるもの
V章 看護実践にナラティヴを活用しよう
 A.ナラティヴのちから
 B.自分のナラティヴを書いてみる
 C.患者や家族のナラティヴを書いてみる
 D.グループによるナラティヴ・アプローチ
 E.ナラティヴ・アプローチによる自分の変化を捉えてみよう
VI章 環境に働きかけるナラティヴのちから
 A.6つの臨床ケースのナラティヴにみられる組織的問題・社会的要因
 B.倫理的実践を支援する環境を作る
 C.よりよい倫理的環境を作るためにナラティヴを活用する
索引

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る