対話と承認のケア
  • 有料閲覧

対話と承認のケア

ナラティヴが生み出す世界 筆頭著者 宮坂 道夫 (著) 医学書院 電子版ISBN 978-4-260-64161-6 電子版発売日 2020年6月29日 ページ数 282 判型 A5 印刷版ISBN 978-4-260-04161-4 印刷版発行年月 2020年2月

書籍・雑誌概要

「患者の話を聞く」という行為は、その一言では到底説明しきれない奥深さと難しさがあり、専門的な行為として扱われてしかるべきものです。本書は、ナラティヴに対する誤解を解くことから始め、〈ケアする人〉と〈ケアされる人〉の二者関係を軸に、ナラティヴによる「解釈」「調停」「介入」を熟思し、なぜ「患者の話を聞くこと」「患者と対話することが」がケアになるのかを解き明かしていきます。

目次

はじめに

第1章 日々のケアにひそむナラティヴ
 1 日々のケアにひそむナラティヴ・アプローチ
 2 ナラティヴのブームと誤解

第2章 ナラティヴとは何か
 1 言葉の話
 2 文学と言語学の物語論
 3 現実世界の物語論
 4 ヘルスケアの物語論

第3章 ケアする私、ケアされる私
 1 〈ケアする私〉の物語論
 2 〈ケアされる私〉の物語論
 3 ケアし、ケアされる〈私たち〉の物語論

第4章 他者のナラティヴを読む――解釈的ナラティヴ・アプローチ
 1 医療制度の入口で
 2 急性疾患の臨床現場で
 3 慢性疾患の臨床現場で
 4 日常臨床での解釈的ナラティヴ・アプローチ
 5 ナラティヴの解釈が「ケア」になるとき

第5章 複数のナラティヴの前で――調停的ナラティヴ・アプローチ
 1 ナラティヴの不調和
 2 調停における実在論と構築論
 3 ナラティヴの調停が「ケア」になるとき

第6章 他者のナラティヴに立ち入る――介入的ナラティヴ・アプローチ
 1 心のケアと心の病い
 2 〈私の物語〉への介入

終章 ナラティヴがケアになるとき

文献・註
あとがき

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る