磯村心臓血管外科手術書[Web動画付]
  • 有料閲覧

磯村心臓血管外科手術書[Web動画付]

手術を決めるこの1針 筆頭著者 磯村 正 (著) 南江堂 電子版ISBN 978-4-524-22624-5 電子版発売日 2019年9月30日 ページ数 294 判型 A4 印刷版ISBN 978-4-524-26169-7 印刷版発行年月 2015年2月

書籍・雑誌概要

心臓血管外科手術の名医として名高い著者の30年以上の手術経験から生まれた、安全で確実かつスピーディな手術手技のノウハウを余すところなく伝える。術式別の解説とし、再現性のある術式、手術を確実に行うコツ、Tips &Pitfallsも盛り込んだ。医師が描いた美しい手術シェーマとともに、著者の手術手技をビジュアルに解説。手術手技を解説した動画付き。

目次

【内容目次】
第I章 体外循環接続
 1.皮膚切開から開胸操作
  1 皮膚切開
  2 胸骨正中切開
  3 開胸
  4 心膜の吊り上げ
  5 カニュレーションスティッチ
   a.上行大動脈
   b.上大静脈
   c.下大静脈
   d.上行大動脈の順行性心筋保護兼大動脈脱気(ベント)
   e.左房ベント
   f.逆行性心筋保護
  6 カニュレーション
   a.上行大動脈送血
   b.上大静脈脱血
   c.下大静脈脱血
   d.逆行性心筋保護
   e.大動脈基部心筋保護兼ベントの挿入
   f.左房ベント
 2.心筋保護
 3.体外循環離脱
  1 各カニューラの抜去時期
  2 ドレーンの挿入
  3 胸骨閉鎖
第II章 虚血性心疾患の手術
 1.冠状動脈バイパス術(CABG)
  1 体外循環使用,心停止下(conventional,on pump arrest)
  2 グラフトの選択
   a.グラフトの種類
   b.グラフトの到達
  3 グラフトの採取法
   a.大伏在静脈の採取
   b.左内胸動脈の採取
    1)左内胸動脈分枝の処理
    2)skeletonized左内胸動脈
   c.胃大網動脈の採取
   d.橈骨動脈の採取
  4 冠状動脈の同定
   a.左前下行枝
    1)埋没した左前下行枝
    2)回旋枝
   b.右冠状動脈
  5 冠状動脈およびグラフトの前処理
   a.冠状動脈の切開
   b.グラフト断端の切開
    1)in-situの左内胸動脈(in-situの胃大網動脈)
    2)大伏在静脈(橈骨動脈,遊離右内胸動脈)
  6 各グラフトの吻合法
   a.左内胸動脈-左前下行枝吻合
   b.大伏在静脈の吻合(橈骨動脈,遊離右内胸動脈)
   c.sequential grafting
    1)左前下行枝-第一対角枝
    2)鈍縁枝-鈍縁枝-対角枝
    3)後下行枝-房室枝
    4)後下行枝or房室枝-右冠状動脈
  7 中枢吻合
  8 オンポンプbeating
  9 オフポンプCABG(OPCAB)
   a.麻酔科医との連携
   b.グラフトデザイン,心臓の位置決め
    1)オフポンプCABGでのグラフトデザイン
    2)心臓の位置決め
    3)心臓の位置決めと血圧変動
 2.心筋梗塞合併症
  1 心室瘤(dyskinesis),虚血性心筋症(ICM)=無収縮(akinesis)
   a.心室内膜側パッチ形成術(EVCPP,Dor手術)
   b.前壁中隔形成術(SAVE手術)
   c.後壁形成術(PRP手術)
  2 虚血性僧帽弁閉鎖不全症
   a.急性僧帽弁逆流,乳頭筋断裂
   b.機能性僧帽弁逆流
    1)弁形成術
    2)両側乳頭筋間縫縮術
    3)二次腱索離断,基部腱索離断
  3 心室中隔穿孔
   a.前壁中隔梗塞:左前下行枝梗塞
   b.後壁梗塞:右冠状動脈,回旋枝梗塞
  4 左室破裂
   a.blow out type
   b.oozing type
第III章 弁膜症の手術
 1.僧帽弁
  1 僧帽弁形成術(MVP)
  2 変性性僧帽弁逆流に対する僧帽弁形成術
   a.後尖病変
    1)三角切除
    2)四角切除
    3)スライディング法
    4)砂時計状切除縫合
   b.前尖病変
   c.交連部病変
   d.前尖および後尖の両尖病変
  3 僧帽弁置換術(MVR)
   a.アプローチ
   b.僧帽弁の展開
   c.後尖弁下部温存
   d.人工弁への糸掛け
   e.糸の結紮
  4 前-後尖温存僧帽弁置換術
  5 前-後尖切除後,後尖人工腱索移植
  6 僧帽弁輪石灰化症例の僧帽弁置換術
   a.後尖僧帽弁輪石灰化の除去
   b.僧帽弁輪石灰化空置僧帽弁置換術
  7 僧帽弁置換術後の左室破裂
 2.三尖弁
  1 三尖弁形成術
  2 三尖弁置換術
 3.大動脈弁
  1 大動脈弁形成術(AVP)
   a.大動脈弁逆流に対する大動脈弁形成術
    1)弁葉の変化(逸脱,交連部)に対する形成術
    2)弁葉縫縮術(三角切除)
    3)交連下弁輪縫縮術
   b.弁輪から上行大動脈拡大による大動脈弁逆流に対する弁形成術:reimplantation法(David手術)
  2 大動脈弁置換術(AVR)
   a.体外循環
   b.大動脈遮断と大動脈切開
   c.大動脈弁切除
   d.石灰化弁の摘出
   e.弁輪への糸掛け
   f.人工弁輪への糸掛け
   g.人工弁の装着,結紮
   h.大動脈壁の閉鎖
  3 狭小弁輪に対する大動脈弁置換術
   a.大動脈弁輪切開
   b.大動脈弁輪から左房上縁,僧帽弁前尖切開
 4.複合弁手術
  1 2弁あるいは多弁疾患の場合
   a.大動脈弁疾患と僧帽弁疾患の合併
   b.大動脈弁疾患と三尖弁疾患の合併
   c.僧帽弁疾患と三尖弁疾患の合併
   d.大動脈弁疾患と僧帽弁疾患,三尖弁疾患の合併
   e.弁疾患と冠状動脈狭窄病変の合併
   f.弁疾患と胸部大動脈瘤の合併
  2 手術手順
 5.大動脈基部置換術(弁輪拡大による大動脈弁逆流に対する手術)
第IV章 その他の心疾患手術
 1.メイズ手術
  1 左房メイズ
  2 左房内のアブレーション
   a.僧帽弁輪後尖中央にかけてのアブレーション
   b.左房内の冷凍凝固
    1)僧帽弁後尖中央
    2)左心耳
    3)左上肺静脈と左房上縁間
   c.AtriCureペン型デバイスを用いてのアブレーション
  3 右房メイズ
  4 神経節叢アブレーション
 2.心臓腫瘍摘出術
  1 粘液腫(myxoma)
  2 悪性腫瘍
 3.収縮性心外膜炎に対する手術
 4.肺動脈血栓除去術
 5.拡張型心筋症(DCM)に対する自己心温存手術
  1 機能性僧帽弁逆流
   a.リングの選択
   b.弁下部に対する術式
  2 左室形成術
  3 左室補助装置(LVAD)装着術
  4 心室頻拍
 6.肥大型心筋症(HCM)に対する手術
第V章 大血管の手術
 1.真性瘤
  1 上行大動脈置換術
   a.大動脈基部が拡大した場合
   b.Valsalva洞より遠位側の瘤形成の場合
    1)末梢側の吻合
    2)中枢側の吻合
   c.上行大動脈瘤が遠位側で無名動脈下の遮断が困難な場合
  2 弓部大動脈置換術
  3 下行大動脈置換術
  4 胸腹部大動脈置換術
   a.胸腹部大動脈置換術,下行大動脈置換術における部分体外循環
    1)人工心肺回路:閉鎖式体外循環回路
    2)カニューラ
    3)体外循環の指標
    4)部分体外循環と注意事項
   b.手術
 2.解離性大動脈瘤
  1 Stanford type A(A型解離)
  2 Stanford type B(B型解離)
 3.腹部大動脈瘤
  1 腎動脈直上遮断の場合
  2 腎動脈下遮断の場合
  3 後腹膜アプローチ
 4.破裂性大動脈瘤
  1 胸部大動脈瘤
   a.食道穿破
   b.胸腔内破裂
  2 腹部大動脈瘤
第VI章 成人の先天性および類似疾患の手術
 1.心房中隔欠損症(ASD)
 2.心室中隔欠損症(VSD)
 3.Valsalva洞動脈瘤
 4.Ebstein奇形
 5.肺静脈狭窄
第VII章 再手術術式
 1.術前検査,到達法
 2.疾患別の再手術術式
  1 虚血性心疾患
  2 弁膜症
   a.胸骨リエントリー,癒着剥離
   b.大動脈弁
   c.僧帽弁
   d.三尖弁
  3 大動脈疾患
第VIII章 周術期の薬物療法
 1 抗凝固薬
 2 利尿薬
  a.ループ利尿薬
  b.K保持性利尿薬
  c.バソプレシン拮抗薬
 3 β遮断薬
 4 抗不整脈薬
 5 術中,ICU管理の点滴薬剤
  a.利尿薬
  b.昇圧薬
  c.血管拡張薬
  d.抗不整脈薬
  e.鎮静薬
  f.輸液管理
  g.抗凝固療法
  h.ヒトインスリン
おわりに~メッセージ
付録
索引

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る