TAVI実践マニュアル
  • 有料閲覧

TAVI実践マニュアル

筆頭著者 林田 健太郎 (監) その他の著者 OCEAN-SHD研究会 山本 真功 渡邊 雄介 南江堂 電子版ISBN 978-4-524-24932-9 電子版発売日 2018年8月20日 ページ数 210 判型 B5 印刷版ISBN 978-4-524-25971-7 印刷版発行年月 2018年8月

書籍・雑誌概要

高齢化により患者数が増加している大動脈弁狭窄症の新たな治療法として注目を集めるTAVI(経カテーテル大動脈弁留置術)の実践書。TAVIの基本的な事項から適応、スクリーニングのポイント、症例に合った人工弁やアプローチ選択の考え方、手技の実際、合併症とその対策まで、国内におけるTAVIの第一人者を筆頭としたOCEAN-SHD研究会により徹底解説。TAVIの手技を習得中の医師、これからTAVIを学び始める医師必携の一冊。

目次

【内容目次】
I TAVIと大動脈弁狭窄症
 A.TAVIの現状と将来展望
 B.大動脈弁狭窄症の基本知識
  コラム low-flow low-gradient severe AS
II TAVIの適応・スクリーニングを理解しよう
 A.TAVIの基本を学ぶ
  1.内科医から見たTAVIの適応
  2.外科医から見たTAVIの適応
  3.TAVIチームの組織
   コラム 低~中等度リスク症例に対するTAVI
   コラム TAVI弁の耐久性(durability)
 B.TAVI成功のためのスクリーニング
  1.総論:何を評価するのか
   コラム TAVI後の非心臓手術のマネージメント
  2.患者背景
  3.大動脈弁複合体
  4.血管アクセス
   コラム TAVIに関する現在までのエビデンス
III TAVIを実践しよう
 A.Sapien 3 vs Evolut R-どのようなケースでそれぞれの弁が有用か
  コラム 新規デバイス
 B.Sapien使用の実際
  1.Sapien 3のサイジング
  2.経大腿動脈アプローチ(TF)
   I.セッティングからシース挿入まで
   II.デバイス挿入から大動脈のトラッキングまで
   III.デバイス弁通過から止血まで(位置決め・留置・デバイス抜去・シース抜去)
  3.経心尖アプローチ(TA)
   コラム TAVI時代に心臓外科医はどうあるべきか
 C.Evolut R使用の実際
  1.Evolut Rのサイジング
  2.経大腿動脈アプローチ(TF)
  3.経鎖骨下動脈アプローチ(TSc),直接大動脈アプローチ(DA)
 D.TAVIの麻酔
  1.全身麻酔
  2.局所麻酔
 E.さまざまな条件におけるTAVI実践のポイント
  1.局所麻酔下のケース(術者より)
  2.僧帽弁人工弁置換術後のケース
  3.高度石灰化
  4.大動脈屈曲
  5.冠動脈プロテクション
  6.経腸骨動脈アプローチ,硬膜外麻酔
   コラム 二尖弁へのTAVI
   コラム 緊急TAVIとは
 F.TAVI術中にどのように血行動態破綻を防ぐか-緊急体外循環使用ゼロへ
IV 症例から学ぶ合併症とその対策
 A.心臓合併症
  1.弁周囲逆流(PVL)
  2.冠動脈閉塞
  3.弁輪破裂
  4.心タンポナーデ
  5.房室ブロック
  6.弁脱落
  7.左室穿孔
   コラム ST-junctionが詰まった症例
 B.心臓外合併症
  1.血管合併症
  2.脳血管障害
  3.出血
   コラム TAVI周術期の抗血栓療法
   コラム 腎障害とTAVI
V 術後管理をおさえよう
 A.術後評価
  コラム TAVI術後CT
 B.術後管理
索引

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る