書籍を検索します。雑誌文献を検索する際には「雑誌文献検索」を選択してください。

検索

カテゴリから選ぶ

膵臓を診る医師のための膵臓病理テキスト

膵臓を診る医師のための膵臓病理テキスト
本文を見る
  • 有料閲覧

筆頭著者 中沼 安二 古川 徹 福村 由紀 (編)

南江堂

電子版ISBN 978-4-524-22983-3

電子版発売日 2020年12月7日

ページ数 304

判型 B5

印刷版ISBN 978-4-524-24879-7

印刷版発行年月 2020年10月

書籍・雑誌概要

好評既刊『肝臓を診る医師のための肝臓病理テキスト』『胆道疾患を診る医師のための胆道病理テキスト』の姉妹書。膵臓全体の病理学の基本とそれに基づく病態解釈、膵の炎症と線維化、腫瘍の病理診断までを系統的にまとめた。臨床医が知っておくべき膵臓病理について非腫瘍・腫瘍を含めて豊富な写真とともに詳しく解説し、昨今注目度が高まっている膵癌診療に役立つ一冊となっている。

目次

【内容目次】
I章 発生・解剖,病理・病態
 1 発生,解剖,組織,cell lineage
  A 膵臓の発生とその分子制御
  B 肉眼解剖,膵管と外分泌腺と内分泌腺
 2 病理,病態の基礎
  A 膵炎
  B 膵管および膵管腺からみた膵疾患の病理
  C 膵疾患の理解への胆管・胆管周囲付属腺研究のインパクト
 3 膵内分泌の病態
II章 非腫瘍性疾患の病理学的特徴
 1 膵炎の病理
  A 急性膵炎
  B 慢性膵炎
  C 1型自己免疫性膵炎(1型AIP)
  D 2型自己免疫性膵炎(2型AIP)
  E 特殊な膵炎
 2 非腫瘍性嚢胞
 3 先天性異常,まれな代謝性疾患
III章 腫瘍性疾患の病理
 1 嚢胞性腫瘍
  A 粘液性嚢胞腫瘍(MCN),漿液性腫瘍(SN),単純粘液性嚢胞など
  B 嚢胞性腫瘍由来癌
 2 管腔内腫瘍
  A 膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)とその由来癌
  B 膵管内管状乳頭腫瘍(ITPN)とITPN由来癌
  C 膵上皮内腫瘍性病変(PanIN)と浸潤性膵管癌(PDAC)
 3 浸潤性膵管癌(IDC)
  A 危険因子
  B 膵腺癌
  C 腺扁平上皮癌,粘液癌,退形成癌,髄様癌
  D 膵癌モデルからの考察
 4 家族性膵癌
 5 早期膵癌,その他の前癌病変
 6 腺房細胞癌(ACC)
 7 神経内分泌腫瘍(NEN)
 8 充実性偽乳頭状腫瘍(SPN),膵芽腫など
 9 過誤腫,リンパ腫,肉腫などの間葉系腫瘍
 10 異所性膵からの腫瘍発生
 11 転移性膵腫瘍
IV章 診断アプローチ
 1 特徴的な画像所見を示す膵病変
 2 超音波内視鏡下穿刺吸引法(EUS-FNA)
  A 手技
  B EUS-FNAで採取された検体の細胞診・組織診について
 3 膵液細胞診
 4 前浸潤性膵腫瘍の遺伝子・分子異常に基づく,組織・吸引液等での診断応用
 5 術中迅速診断
 6 膵癌治療効果判定
 7 膵がんにおけるゲノム医療
索引