アレルギー性気管支肺真菌症の診療の手引き
  • 有料閲覧

アレルギー性気管支肺真菌症の診療の手引き

筆頭著者 日本アレルギー学会 (監) その他の著者 日本医療研究開発機構「アレルギー性気管支肺真菌症」研究班 編 医学書院 電子版ISBN 978-4-260-63921-7 電子版発売日 2019年6月24日 ページ数 114 判型 B5 印刷版ISBN 978-4-260-03921-5 印刷版発行年月 2019年6月

書籍・雑誌概要

アレルギー性気管支肺真菌症(ABPM)の新しい診断基準と最新の知見をまとめた診療の手引き。研究班の全国調査を経て得られたABPMのデータをもとに、日本の実情に合った形で作成し、ABPMの診療に役立つ内容となっている。

目次


略語一覧
用語解説

第1章 日本におけるアレルギー性気管支肺真菌症(ABPM)
 1 病態
  A 基礎疾患
  B 原因真菌の特性
  C 気道における免疫応答と病態形成
 2 疫学
  A 有病率
  B 発症年齢の分布
 3 原因真菌―アスペルギルス以外の原因真菌種
  A ABPMの原因真菌判定における問題点
  B 原因真菌種に関するこれまでの報告
  C 研究班におけるデータ
  D 解析結果に基づく対策―正しく原因真菌を得るために

第2章 診断
 1 アレルギー性気管支肺アスペルギルス症(ABPA)の臨床像
  A 基礎疾患
  B 性別・発症年齢
  C 臨床症状
  D 検査データ
  E クラスター解析によるABPAのフェノタイプの同定
 2 非アスペルギルスABPMの臨床像
  A 原因真菌
  B ABPMの臨床像と診断
  C スエヒロタケABPM
 3 血清診断法
  A 抗原特異的IgE検査
  B 沈降抗体・抗原特異的IgG検査
 4 画像所見
  A ABPAに見られる画像所見
  B 鑑別診断
 5 喀痰真菌培養・同定法
  A ABPMにおける喀痰培養の意義
  B 検体
  C ABPM疑診例における培養法
      (高度病原性真菌の可能性を考える必要がない場合)
  D 菌種同定の方法
  E 菌を保存しておきたい場合
 6 病理
  A ABPMにおける粘液栓の意義
  B 好酸球性粘液栓の病理像
  C 鑑別
 7 従来のABPA診断基準
  A 従来の診断基準
  B 従来のABPA診断基準の問題点
 8 新しいABPM診断基準
  A ABPM臨床診断基準
  B 各項目の解説
  C 新ABPM臨床診断基準の検証

第3章 合併症
 1 慢性肺アスペルギルス症(CPA)
  A ABPAとCPA合併例の臨床像
  B ABPAとCPA合併例の治療
 2 慢性下気道感染症,肺非結核性抗酸菌症(肺NTM症)
  A ABPA/ABPMと慢性下気道感染症
  B ABPA/ABPMと肺NTM症
  C まとめ

第4章 予後
 1 臨床病期
  A 臨床病期
  B ABPA-seropositive
 2 呼吸機能
  A 呼吸機能
  B ABPA/ABPM治療と呼吸機能改善効果
 3 再燃・長期予後
  A 再燃の定義
  B 再燃の頻度とその要因
  C 長期予後

第5章 治療
 1 治療総論
 2 経口副腎皮質ステロイド薬
 3 抗真菌薬
  A ABPAに対する抗真菌薬の位置づけ
  B ABPAに対する抗真菌薬の投与期間
  C ABPAに対する抗真菌薬の投与の副作用
  D ABPMに対する抗真菌薬の位置づけ
 4 抗IgE抗体
 5 マクロライド系抗菌薬
  A 慢性気道感染を伴うABPAに対するマクロライド系抗菌薬
  B ABPAに対するマクロライド系抗菌薬の可能性
 6 環境対策

索引

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る