発達障害のリハビリテーション
  • 有料閲覧

発達障害のリハビリテーション

多職種アプローチの実際 筆頭著者 宮尾 益知 (他編) その他の著者 橋本 圭司 医学書院 電子版ISBN 978-4-260-62846-4 電子版発売日 2017年5月29日 ページ数 280 判型 B5 印刷版ISBN 978-4-260-02846-2 印刷版発行年月 2017年3月

書籍・雑誌概要

多くの職種が関わる発達障害者支援。各職種での支援のノウハウは蓄積されつつあるが、多職種間ではほとんど共有されていないのが現状である。幼児期から成人期までの幅広いライフステージにおよぶ発達障害者支援には医療、地域、福祉、教育、労働など多分野の連携が不可欠である。本書は、発達障害者に関わるさまざまな職種の取り組みを立体的に紹介。「多職種による連携」をキーワードに発達障害者支援に関わるための手引書。

目次

第1章 発達障害とは何か
 1 国内外の現状と課題
 2 早期からの発見と支援の現状
 3 低出生体重児と発達障害
 4 診断の実際
 5 治療の実際
 6 リハビリテーションのマネジメント
 7 成人期の支援

第2章 各障害へのアプローチ
 1 こころと認知の発達
 2 ASD
 3 ADHD
 4 LD
 5 DCD
 6 高次脳機能障害

第3章 多職種アプローチ
 1 セラピストによる実践
  1)作業療法
  2)言語聴覚療法
  3)理学療法
  4)発達心理検査
 2 歯科の実践
 3 教育の実践
 4 ソーシャルワークの実践
 5 発達障害の就労移行支援事業
 6 ペアレントトレーニング

索引

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る