精神科の薬がわかる本 第3版
  • 有料閲覧

精神科の薬がわかる本 第3版

筆頭著者 姫井 昭男 (著) 医学書院 電子版ISBN 978-4-260-62108-3 電子版発売日 2016年6月6日 ページ数 236 判型 A5 印刷版ISBN 978-4-260-02108-1 印刷版発行年月 2014年12月

書籍・雑誌概要

好評の定番書、3年ぶりの改訂。精神科の薬を取り巻く環境の変化や新薬を、著者の臨床実践を基に追加。今改訂の目玉は、(1)処方薬依存として社会問題にもなっているベンゾジアゼピン系薬剤の依存への具体的対応策、(2)10年ぶりに出た新しい認知症治療薬、(3)アルコール依存症に対するまったく新しい作用機序の薬。それぞれの薬の特徴や、患者さんの生活を踏まえた副作用への効果的な対処法をわかりやすく紹介する。

目次

 第3版によせて

1 「抗うつ薬」がわかる。
 ◎抗うつ薬へのQ&A

2 「睡眠薬」と「抗不安薬」がわかる。
 1 マイナートランキライザーとは
 2 「睡眠薬」がわかる
 3 「抗不安薬」がわかる
 ◎睡眠薬へのQ&A
 Lecture ベンゾジアゼピン系薬剤の安全なやめ方

3 「抗精神病薬」がわかる。
 1 統合失調症とは
 2 定型抗精神病薬の特徴
 3 非定型抗精神病薬の特徴
 4 重大な副作用
 5 剤形による特徴
 ◎抗精神病薬へのQ&A
 Lecture 単剤化の方法

4 「抗てんかん薬」がわかる。
 ◎抗てんかん薬へのQ&A

5 「老年期に使う薬」がわかる。
 1 薬を処方する前に気をつけておきたいこと
 2 認知症(アルツハイマー型認知症)の治療薬
 3 パーキンソン病の治療薬
 4 うつ病・抑うつ状態の治療薬
 5 頭部外傷の後遺症の治療薬
 6 夜間せん妄の治療薬
 7 代謝性意識障害への対処
 ◎老年期に使う薬へのQ&A

6 「その他の精神科の薬」がわかる。
 1 気分安定薬
 2 抗躁薬
 3 アルコール依存症の薬物療法
 4 悪性症候群の治療薬
 5 発達障害をもつ人への薬物療法
 ◎その他の精神科の薬へのQ&A

 索引
 あとがき

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る