ジェネラリストのための内科診断リファレンス
  • 有料閲覧

ジェネラリストのための内科診断リファレンス

エビデンスに基づく究極の診断学をめざして 筆頭著者 酒見 英太 (監) その他の著者 上田 剛士 医学書院 電子版ISBN 978-4-260-60963-0 電子版発売日 2016年8月22日 ページ数 736 判型 B5 印刷版ISBN 978-4-260-00963-8 印刷版発行年月 2014年2月

書籍・雑誌概要

疫学、病歴、身体所見、検査という診断学の一連の流れすべてを網羅し、エビデンスに基づいた診断とは何かを追求した書。殊に病歴、身体所見を深く掘り下げ、リファレンスをあげて「多い・少ない」「大きい・小さい」という抽象的な説明でなく、極力具体的な数字を示して解説した。診断に悩む症例に遭遇した際に、役に立つよう工夫されている。ジェネラリストにこそ求められる診断学として、内科診断のみならず整形外科、眼科・耳鼻科なども収載。

目次

A 主要症候・内科一般
B 消化管
C 肝・胆・膵
D 循環器
E 内分泌・代謝・栄養
F 腎・泌尿器
G アレルギー・膠原病
H 血液
I 感染症
J 呼吸器
K 神経
L 皮膚科
M 整形外科
N 眼科・耳鼻科
O 産婦人科

  和文索引
  欧文索引

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る