ERの創傷
  • 有料閲覧

ERの創傷

エビデンスと経験に基づくプラクティス 筆頭著者 北原 浩 (編集) シービーアール 電子版ISBN 電子版発売日 2019年2月25日 ページ数 160 判型 B5 印刷版ISBN 978-4-902470-86-4 印刷版発行年月 2016年12月

書籍・雑誌概要

ERで最もありふれた手技が創処置である。にもかかわらずこれまでは各施設でそれぞれの流儀で行われてきているのが現状である。しかし、今日の医療技術の進歩と疾病構造の変化は従来の感染症への対策だけでなく、高齢ハイリスク患者への対応、除痛、回復時間、整容、機能、コスト面への配慮などより高度なものが求められてきている。また被覆材、縫合糸などもますます複雑多様化してきている。本書は経験とエビデンスに基づき創傷治癒の仕組みの原理、原則を根本から解説しながら、これらの進歩・変化に遅れない、最新の手技と方法を自在に駆使できるようイラストを中心に解説している。

目次

序文

執筆者一覧

1. 創処置を始める前に−全身から局所へ・創傷処置総論
2. 局所麻酔と鎮静処置
3. 創の評価と記録−重要組織損傷の評価と記録の重要性
4. 縫合前処置−正しい洗浄法と術野確保など
5. デブリードマンの適応と方法
6. 縫合法 その1:使用機材について−角針と丸針、縫合糸、持針器、鑷子、二双鉤
7. 縫合法 その2−単結節、垂直・水平マットレス、二層縫合など各種縫合法の解説と使い分け
8. 縫合法 その3:複雑な創の縫合−弁状創、挫滅創、表皮剥離
9. 特殊な創閉鎖法−傷は針糸だけで閉じるもの?
10. 汚染創への対応−Delayed primary closureは本当に必要か
11. 特別な部位の縫合−専門医への依頼をする前に
12. 特殊な創と専門医への紹介
13. ドレーン留置−軟部組織損傷・病変に対するドレナージについて
14. 縫合後の処置とさまざまな被覆材の使用法−いろいろあるけれど、どれを使ったらいいんでしょう?
15. 処置後の薬物投与
16. 処置後の指導と合併症−きれいな創痕にするためのフォローも重要
17. 熱傷の局所処置−ER診療での対応ポイントは単純化と創意工夫
18. 創傷処置にまつわるERでのトラブル−人の振り見て我が振り直せ!トラブル症例集
19. 創傷治癒のメカニズム−古くて新しい基本理論を理解する

書籍・雑誌を共有

関連書籍・雑誌

もっと見る