看護研究 5巻2号 (1972年4月)

  • 文献概要を表示

 この座談会では,いわゆる臨床現場,教育現場に在職するしないにかかわらず,多忙な日常性の中にあって,あるテーマをもって持続的,集中的に研究活動をすすめていくことは可能であるか,ないか。あるいは,もしそれが不可能ならば,それを阻害しているものは何なのか。そして現場には,いろいろな制約の中でも,なお何かを求めて努力し続け,模索を続けている数多くの仲間たちがいる。その人々をどうやって知り,そしてお互いの力をどうやって結集していつたらいいのか,というような点について語り合っていただく。

 出席者は,臨床現場で,あるいはフリーの立場で,ともに様々な障害を乗り越えて,なお自分のテーマを貫いている方々。それぞれの体験を通しての意見,考え方は,きっと未知の多くの仲間に励ましと希望を与えるものと期待する。

  • 文献概要を表示

 看護研究だけでなく,一人で研究をやりとげることはたいへんなことである。この研究者は,看護教育にたずさわりながら,およそ1年半をかけて,こつこつとじみに調査をし,筆算で分析をなさったという。たいへんな努力だったことに敬服するほかはない。しかし,その研究をひとまずまとめ終って,この座談会の中に出てくることばの端々から,この研究者が研究をまとめ終えた満足感と,これからの研究への熱意をうかがい知ることができる。

 この研究は,残念なことに,あまり多くのことを目的とした(あるいは目的が限定されていなかった)ために,研究の焦点がぼけたきらいがないわけではないが,いくつかの看護についての重要な知見が含まれているように思われる。特に医療チームの中での看護婦への役割期待と役割認識について,この研究のもつ意義は大きいであろう。もちろん,この研究の対象や内容の限定から,この研究の結果に特殊的にあらわれ,一般化されない部分もないとはいえないであろうが,これをさまざまな角度から追試することによって,これらの知見がいっそうはっきりするものと期待している。

  • 文献概要を表示

外国の看護事情

 カナダの看護婦の実態(3):看護, 21巻,2号,70〜72頁。

 英国の看護士(Nursing outlook 11 月号):看護,21巻,3号,110〜 112頁。

  • 文献概要を表示

はじめに

 すでに私たちは,勤務体制の構造についての考察1)を行ない,また看護の質を向上させる上で枷となっている現行の基準看護についても,いくつかの検討をこころみ問題提起2)を行なった。これらの研究の過程のなかで,看護婦不足が慢性化している現状から,看護における安全問題がきわめて重要な課題であることを知った。そこでこの問題について系統的な学習のつみ重ねと,事例研究を行なって来た。すなわち1966年11月の例会における武谷三男氏の講演の中で,イギリスのコメット機の事故調査が,その後の航空技術の発達に寄与したことを例に,安全問題の追及は,技術の確立・向上に役立つことを示唆されたのがそもそものはじまりである。

 その後1969年5月「ある保健婦の死をめぐって3)」病院における安全性と看護婦の役割について一人の保健婦の死が投げた数多くの問題点を,当事者の病棟の看護婦の参加を得て討議し,これをきっかけに「看護と安全性」をテーマにした共同研究を開始したのである。毎月1回の例会において「水俣病」「白ろう病」「薬の危険性」「安全性の哲学4)」について抄読会をもち,続いて「千葉大採血事故について5)6)」「ペニシリン禁忌7)」「ストレッチャー転落事故」「気管切開後カニューレ装着患者の急死事故」などについて事例研究をおこない,その事故の背景,看護技術上に問題はなかったかということについて討議を深めた。

  • 文献概要を表示

まえがき

 大漢和辞典によると,「看」のもつ意味に,①見る。手をかざして望む。②訪問する。みまふ。③見守る。番する。等,いろいろある。手と目の組合わせから,語源は当然,手を目の上にかざして望み見る意にあるわけだが,それが転じて「見守る」となる。「みまふ」とは「見守る」こととしてよいだろう。これがそのまま「看護」の意である。「看病」と同義である。

 私は,10年間,看護を職業として生きてきたが,看護とは何だろうかとの思いにつきあたること再三であった。漢和辞典の意味そのままであれば疑問はないのだが,医療チーム内での要請から,「病人の世話をする,みとり,介抱」はさておいての看護という職業であったりすることが,しばしばであった。

第4回 課題研究募集

  • 文献概要を表示

 本誌では毎号"課題研究"を募集しております。ふるってご応募ください。応募要領は下記のとおりです。

関連学会一覧

1973年1月〜4月
  • 文献概要を表示

医学関係

      〔1月〕

実地医家のための会例会(第111回) 1月14日.東京・渋谷 薬学会館 〔演題〕司会=柴山 豊①開業医 の未来像②開業医の抱負

基本情報

00228370.5.2.jpg
看護研究
5巻2号 (1972年4月)
電子版ISSN:1882-1405 印刷版ISSN:0022-8370 医学書院

文献閲覧数ランキング(
9月7日~9月13日
)