Stomach and Intestine(Tokyo) Volume 55, Issue 1 (January 2020)
Japanese

Range Diagnosis of “Crawling-type” Adenocarcinoma of the Stomach Kei Nakazawa 1 , Shigetaka Yoshinaga 1 , Taiki Hashimoto 2 , Hourin Cho 1 , Mai Ego 1 , Hiroyuki Takamaru 1 , Seiichiro Abe 1 , Satoru Nonaka 1 , Haruhisa Suzuki 1 , Ichiro Oda 1 , Shigeki Sekine 2 , Yutaka Saito 1 1Endoscopy Division, National Cancer Center Hospital, Tokyo 2Pathology Division, National Cancer Center Research Institute, Tokyo Keyword: 手つなぎ・横這い型胃癌 , 範囲診断 , 早期胃癌 , 内視鏡診断 pp.60-66
Published Date 2020/1/25
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403201927
  • Abstract
  • Look Inside
  • Reference

 We retrospectively studied the positive and negative predictive values of range biopsy and postoperative mapping in 44 patients with early gastric cancer who had undergone endoscopic submucosal dissection or surgery at our hospital between January 2012 and April 2018 and were initially diagnosed with “crawling-type” adenocarcinoma of the stomach on the basis of histopathological findings in resected specimens.

 Following the distribution of white light image and indigo carmine dine, 38.6%(17/44), 56.8%(25/44), and 68.2%(15/22), respectively, were judged to be clear by NBI(narrow band imaging)magnifying classifications. The accuracy of positive and negative NBIs were 95.5%(84/88)and 56.8%(263/306), respectively, whereas the positive and negative accuracy rates in the preoperative range biopsy were 95.5%(84/88)and 85.9%(263/306), respectively. Furthermore, on examining the extent of the tumor on the basis of the mapping image of the resected specimen, 20 lesions were found to be of irregular type and 24 of circular type.

 In some cases, the range of gastric crawling-type adenocarcinoma could be recognized accurately prior to surgery. However, in some cases, this value differed from that recognized initially by a certain number. Therefore, range diagnosis using biopsy can be considered an important diagnostic method.


Copyright © 2020, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

05362180.55.1.jpg
胃と腸
55巻1号 (2020年1月)
電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • 組織混在型早期胃癌の内視鏡的特徴―通常内視鏡 吉永 繁高 , 小田 一郎 , 中村 純 , 高丸 博之 , 岡本 朋子 , 佐藤 知子 , 阿部 清一郎 , 野中 哲 , 鈴木 晴久 , 斎藤 豊 , 片井 均 , 関根 茂樹 , 谷口 浩和 , 九嶋 亮治 医学書院 胃と腸
    48巻 11号 (2013年10月)
    pp.1596-1608
    • 有料閲覧
  • 表在型Barrett食道癌の内視鏡診断─深達度診断 吉永 繁高 , 小田 一郎 , 田中 優作 , 高丸 博之 , 山田 真善 , 阿部 清一郎 , 野中 哲 , 鈴木 晴久 , 斎藤 豊 , 片井 均 , 関根 茂樹 医学書院 胃と腸
    51巻 10号 (2016年9月)
    pp.1311-1320
    • 有料閲覧
  • ポリープ 吉永 繁高 , 小田 一郎 , 田中 優作 , 関口 正宇 , 高丸 博之 , 山田 真善 , 阿部 清一郎 , 坂本 琢 , 野中 哲 , 鈴木 晴久 , 中島 健 , 斎藤 豊 , 吉田 裕 , 谷口 浩和 , 関根 茂樹 , 九嶋 亮治 医学書院 胃と腸
    52巻 1号 (2017年1月)
    pp.87-96
    • 有料閲覧
  • 胃癌ESD適応拡大病変(分化型優位)の経過と予後 鈴木 晴久 , 小田 一郎 , 阿部 清一郎 , 関口 正宇 , 森 源喜 , 池澤 伸明 , 岡本 朋子 , 田中 寛人 , 野中 哲 , 吉永 繁高 , 中島 健 , 関根 茂樹 , 斎藤 豊 医学書院 胃と腸
    49巻 11号 (2014年10月)
    pp.1559-1568
    • 有料閲覧
  • 通常・色素内視鏡による早期胃癌深達度診断―組織型別検討を中心に 阿部 清一郎 , 小田 一郎 , 眞一 まこも , 佐藤 知子 , 関口 正宇 , 森 源喜 , 金城 譲 , 野中 哲 , 鈴木 晴久 , 吉永 繁高 , 深川 剛生 , 片井 均 , 関根 茂樹 , 谷口 浩和 , 九嶋 亮治 , 斎藤 豊 医学書院 胃と腸
    49巻 1号 (2014年1月)
    pp.47-54
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有