Japanese

Small Bowel Lymphangiectasia Masanao Nakamura 1 , Takeshi Yamamura 2 , Keiko Maeda 2 , Tsunaki Sawada 2 , Yasuyuki Mizutani 1 , Yoshiki Niwa 1 , Eri Ishikawa 1 , Hiroyuki Otsuka 1 , Hiroto Suzuki 1 , Takahiro Nishikawa 1 , Tetsuya Ishida 1 , Takeshi Kuno 1 , Shun Hattori 1 , Keisaku Yamada 1 , Yoshiki Hirooka 2 , Mitsuhiro Fujishiro 1 1Department of Gastroenterology and Hepatology, Nagoya University Graduate School of Medicine, Nagoya, Japan 2Department of Endoscopy, Nagoya University Hospital, Nagoya, Japan Keyword: カプセル内視鏡 , ダブルバルーン内視鏡 , 白色絨毛 , 蛋白漏出性腸症 , 小腸 pp.532-536
Published Date 2019/4/25
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403201630
  • Abstract
  • Look Inside
  • Reference

 SBL(small bowel lymphangiectasia)is characterized by an enteric loss of plasma proteins in abnormal amounts and the primary etiology of protein-losing enteropathy. SBL can be definitely diagnosed when histopathological findings reveal dilated lymphatic vessels in the small bowel mucosa and submucosa. Mucosal findings of balloon-assisted endoscopy are classified into two categories:the white villi type and non-white villi type. The white villi type is defined as white plaques and white-tipped villi that are scattered in the small bowel(the so-called typical lymphangiectasia). The non-white villi type is apparently normal ; however, under more detailed observation, it can be observed as low and round villi with a normal color diffused in the small bowel. Therapeutic response in the non-white villi type is effective. SBL treatment includes diet therapy, medication, and surgical treatment, although no gold standard treatment is yet established. We should therefore be aware that opportunistic infections can occur in SBL patients with weakened immune system.


Copyright © 2019, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • 出血性小腸疾患の診断―血管性病変 山村 健史 , 大宮 直木 , 中村 正直 , 竹中 宏之 , 森島 賢治 , 石原 誠 , 宮原 良二 , 渡辺 修 , 安藤 貴文 , 川嶋 啓揮 , 伊藤 彰浩 , 廣岡 芳樹 , 後藤 秀実 医学書院 胃と腸
    45巻 3号 (2010年3月)
    pp.355-362
    • 有料閲覧
  • Crohn病に対する小腸内視鏡の有用性 大宮 直木 , 荒川 大吾 , 中村 正直 , 本田 亘 , 田口 歩 , 金沢 宏信 , 長谷川 太作 , 小林 拓 , 倉橋 正明 , 多々内 暁光 , 山本 英子 , 松山 恭士 , 伊藤 彰浩 , 廣岡 芳樹 , 丹羽 康正 , 後藤 秀実 医学書院 胃と腸
    41巻 12号 (2006年11月)
    pp.1661-1667
    • 有料閲覧
  • 小腸・大腸DLBCLの診断と治療―診断 中村 正直 , 大宮 直木 , 山村 健史 , 名倉 明日香 , 吉村 透 , 中野 有泰 , 大島 啓嗣 , 古川 和宏 , 舩坂 好平 , 大野 栄三郎 , 宮原 良二 , 川嶋 啓揮 , 廣岡 芳樹 , 渡辺 修 , 安藤 貴文 , 後藤 秀実 医学書院 胃と腸
    49巻 5号 (2014年5月)
    pp.736-743
    • 有料閲覧
  • 過誤腫性ポリポーシス―Peutz-Jeghers症候群の長期経過 大宮 直木 , 中村 正直 , 竹中 宏之 , 森島 賢治 , 石原 誠 , 小原 圭 , 水谷 太郎 , 山村 健史 , 宮原 良二 , 川嶋 啓揮 , 伊藤 彰浩 , 廣岡 芳樹 , 渡辺 修 , 安藤 貴文 , 後藤 秀実 医学書院 胃と腸
    45巻 13号 (2010年12月)
    pp.2079-2084
    • 有料閲覧
  • NSAID起因性小腸病変のカプセル内視鏡による前向き評価 石原 誠 , 大宮 直木 , 中村 正直 , 竹中 宏之 , 森島 賢治 , 小原 圭 , 水谷 太郎 , 山村 健史 , 宮原 良二 , 渡辺 修 , 安藤 貴文 , 川嶋 啓揮 , 伊藤 彰浩 , 廣岡 芳樹 , 後藤 秀実 医学書院 胃と腸
    46巻 2号 (2011年2月)
    pp.161-165
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有