Japanese

Endoscopic Ultrasonographic Diagnosis of Early Gastric Cancer Yoshitaka Nawata 1 , Dai Hirasawa 1 , Hiroaki Saito 1 , Junichi Togashi 1 , Satoshi Ito 1 , Shoutarou Tomokane 1 , Shin Inoue 1 , Ippei Tanaka 1 , Kimihiro Igarashi 1 , Kenjirou Suzuki 1 , Tooru Okuzono 1 , Hajime Yamaoka 1 , Yuki Maeda 1 , Tomoki Matsuda 1 , Masato Nakahori 1 , Akimichi Chonan 1 1Department of Gastroenterology, Sendai Kousei Hospital, Sendai, Japan Keyword: 早期胃癌 , EUS , ESD , 潰瘍瘢痕 , トラクション法 pp.635-645
Published Date 2018/5/24
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403201359
  • Abstract
  • Look Inside
  • Reference
  • Cited by

 EUS(endoscopic ultrasonography)depicts the normal gastric wall as a five-layer structure. The first and second layers are regarded as the mucosal layer, the third as the submucosal layer, the fourth as the proper muscle, and the fifth as the subserosal layer and serosa when the third layer has been obviously destroyed, early gastric cancers without ulcerous changes are diagnosed as those with massive submucosal invasion. Diagnosis of depth of invasion of cancers with ulcerous changes is still difficult because the echoic levels of the tumor and the ulcerous changes are almost the same, although several classifications have been proposed. Diagnosing whether complete en-bloc resection is possible via EUS has been necessary because of the aging of the population and the prevalence of ESD. When the length is >5mm, in which case EUS cannot clearly depict the submucosal layer, en-bloc resection by ESD is very difficult and careful judgment is necessary when deciding a treatment plan.


Copyright © 2018, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • 胃癌のEUS診断 前田 有紀 , 平澤 大 , 長南 明道 , 松田 知己 , 中堀 昌人 , 奥薗 徹 , 鈴木 憲次郎 , 阿部 洋子 , 五十嵐 公洋 , 名和田 義高 , 井上 薪 , 海野 修平 , 伊藤 聡司 , 友兼 正太郎 , 冨樫 純一 , 齋藤 宏章 医学書院 胃と腸
    53巻 13号 (2018年12月)
    pp.1726-1736
    • 有料閲覧
  • 潰瘍瘢痕併存胃癌 齋藤 宏章 , 平澤 大 , 松田 知己 , 中堀 昌人 , 奥薗 徹 , 鈴木 憲次郎 , 阿部 洋子 , 五十嵐 公洋 , 名和田 義高 , 田中 由佳里 , 海野 修平 , 田中 一平 , 井上 薪 , 伊藤 聡司 , 友兼 正太郎 , 長南 明道 医学書院 胃と腸
    55巻 1号 (2020年1月)
    pp.83-91
    • 有料閲覧
  • 食道扁平上皮癌の拡大内視鏡診断—JES Type B2のバリエーションとその解釈 平澤 大 , 田中 一平 , 前田 有紀 , 松田 知己 , 中堀 昌人 , 鈴木 憲次郎 , 五十嵐 公洋 , 名和田 義高 , 海野 修平 , 井上 薪 , 伊藤 聡司 , 荒川 典之 , 友兼 正太郎 , 齋藤 宏章 , 長南 明道 医学書院 胃と腸
    54巻 3号 (2019年3月)
    pp.343-351
    • 有料閲覧
  • 通常内視鏡画像の成り立ち─食道 平澤 大 , 前田 有紀 , 長南 明道 , 奥薗 徹 , 鈴木 憲次郎 , 阿部 洋子 , 五十嵐 公洋 , 名和田 義高 , 海野 修平 , 田中 一平 , 井上 薪 , 荒川 典之 , 伊藤 聡司 , 友兼 正太郎 , 中堀 昌人 , 松田 知己 医学書院 胃と腸
    53巻 9号 (2018年8月)
    pp.1244-1251
    • 有料閲覧
  • 胃粘膜下腫瘍の通常内視鏡・超音波内視鏡診断 岩城 智之 , 平澤 大 , 長南 明道 , 井上 薪 , 田中 一平 , 名和田 義高 , 五十嵐 公洋 , 前田 有紀 , 鈴木 憲次郎 , 奥薗 徹 , 山岡 肇 , 松田 知己 , 中堀 昌人 医学書院 胃と腸
    52巻 10号 (2017年9月)
    pp.1283-1290
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有