Japanese

Endoscopic Findings of Non-neoplastic Esophageal Polyps Dai Hirasawa 1 , Kimihiro Igarashi 1 , Yoshitaka Nawata 1 , Yukari Tanaka 1 , Ippei Tanaka 1 , Satoshi Ito 1 , Junichi Togashi 1 , Ryuta Suzuki 1 , Kei Niida 1 , Hiroaki Saito 1 , Rie Iwaya 1 , Yoko Abe 1 , Kenjiro Suzuki 1 , Toru Okuzono 1 , Masato Nakahori 1 , Tomoki Matsuda 1 1Department of Gastroenterology, Sendai Kousei Hospital, Sendai, Japan Keyword: PG , FVP , IFP , IEGP , esophagus pp.799-808
Published Date 2021/5/25
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403202465
  • Abstract
  • Look Inside
  • Reference

 Hereinafter, I have described the presentation of certain nonneoplastic polyps of the esophagus based on a literature review.

 Pyogenic granulomas are red, protruded lesions that are often furred and may undergo ulceration. These lesions can grow rapidly before stabilizing in size. Although there is no clear etiology, inflammation has been proposed as the cause of these lesions. FVP(fibrovascular polyps are large, sausage-like, pedunculated polyps, which may occur in a variety of sites from the hypopharynx to the cervical esophagus. It is presumed that the gradual increase in size of fibrovascular polyps occurs due to the mucosal layer being pulled by forces such as those generated by peristaltic movements of the esophagus. FVP are covered with normal squamous epithelium and may be associated with ulcers. Inflammatory fibroid polyps tend to develop in the esophagogastric junction. They have a submucosal tumor phase in which they are covered with normal mucosa and may become pedunculated, eroded, or ulcerous as they grow. IEGP(inflammatory esophagogastric polyps)are hyperplastic polyps arising from inflamed tissue in the esophagogastric junction. The surface of such polyps can have a relatively organized villous structure partly covered with squamous epithelium. IEGP may decrease in size or disappear after the administration of proton pump inhibitors.


Copyright © 2021, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • 高齢者早期胃癌ESDにおける偶発症 五十嵐 公洋 , 平澤 大 , 遠藤 明志 , 岩屋 梨絵 , 齋藤 宏章 , 鈴木 隆太 , 新井田 憩 , 冨樫 純一 , 友兼 正太郎 , 伊藤 聡司 , 田中 一平 , 海野 修平 , 名和田 義高 , 田中 由佳里 , 阿部 洋子 , 鈴木 憲次郎 , 奥薗 徹 , 中堀 昌人 , 松田 知己 医学書院 胃と腸
    55巻 12号 (2020年11月)
    pp.1461-1473
    • 有料閲覧
  • 早期胃癌EMR/ESDの絶対適応病変を決定するための術前内視鏡診断と問題点—消化性潰瘍合併の診断 平澤 大 , 五十嵐 公洋 , 名和田 義高 , 田中 由佳里 , 田中 一平 , 伊藤 聡司 , 友兼 正太郎 , 冨樫 純一 , 鈴木 隆太 , 新井田 憩 , 斎藤 宏章 , 阿部 洋子 , 鈴木 憲次郎 , 奥薗 徹 , 中堀 昌人 , 松田 知己 医学書院 胃と腸
    56巻 1号 (2021年1月)
    pp.41-51
    • 有料閲覧
  • 食道胃接合部腺癌の範囲診断—内視鏡の立場から 田中 一平 , 平澤 大 , 中堀 昌人 , 奥薗 徹 , 鈴木 憲次郎 , 阿部 洋子 , 五十嵐 公洋 , 名和田 義高 , 田中 由佳里 , 伊藤 聡司 , 松田 知己 医学書院 胃と腸
    56巻 7号 (2021年6月)
    pp.948-956
    • 有料閲覧
  • 潰瘍瘢痕併存胃癌 齋藤 宏章 , 平澤 大 , 松田 知己 , 中堀 昌人 , 奥薗 徹 , 鈴木 憲次郎 , 阿部 洋子 , 五十嵐 公洋 , 名和田 義高 , 田中 由佳里 , 海野 修平 , 田中 一平 , 井上 薪 , 伊藤 聡司 , 友兼 正太郎 , 長南 明道 医学書院 胃と腸
    55巻 1号 (2020年1月)
    pp.83-91
    • 有料閲覧
  • ─早期胃癌の診断の基本─超音波内視鏡診断 名和田 義高 , 平澤 大 , 齋藤 宏章 , 冨樫 純一 , 伊藤 聡司 , 友兼 正太郎 , 井上 薪 , 田中 一平 , 五十嵐 公洋 , 鈴木 憲次郎 , 奥薗 徹 , 山岡 肇 , 前田 有紀 , 松田 知己 , 中堀 昌人 , 長南 明道 医学書院 胃と腸
    53巻 5号 (2018年5月)
    pp.635-645
    • 有料閲覧
  • 胃癌のEUS診断 前田 有紀 , 平澤 大 , 長南 明道 , 松田 知己 , 中堀 昌人 , 奥薗 徹 , 鈴木 憲次郎 , 阿部 洋子 , 五十嵐 公洋 , 名和田 義高 , 井上 薪 , 海野 修平 , 伊藤 聡司 , 友兼 正太郎 , 冨樫 純一 , 齋藤 宏章 医学書院 胃と腸
    53巻 13号 (2018年12月)
    pp.1726-1736
    • 有料閲覧
  • 通常内視鏡画像の成り立ち─食道 平澤 大 , 前田 有紀 , 長南 明道 , 奥薗 徹 , 鈴木 憲次郎 , 阿部 洋子 , 五十嵐 公洋 , 名和田 義高 , 海野 修平 , 田中 一平 , 井上 薪 , 荒川 典之 , 伊藤 聡司 , 友兼 正太郎 , 中堀 昌人 , 松田 知己 医学書院 胃と腸
    53巻 9号 (2018年8月)
    pp.1244-1251
    • 有料閲覧
  • 食道扁平上皮癌の拡大内視鏡診断—JES Type B2のバリエーションとその解釈 平澤 大 , 田中 一平 , 前田 有紀 , 松田 知己 , 中堀 昌人 , 鈴木 憲次郎 , 五十嵐 公洋 , 名和田 義高 , 海野 修平 , 井上 薪 , 伊藤 聡司 , 荒川 典之 , 友兼 正太郎 , 齋藤 宏章 , 長南 明道 医学書院 胃と腸
    54巻 3号 (2019年3月)
    pp.343-351
    • 有料閲覧
  • 胃粘膜下腫瘍の通常内視鏡・超音波内視鏡診断 岩城 智之 , 平澤 大 , 長南 明道 , 井上 薪 , 田中 一平 , 名和田 義高 , 五十嵐 公洋 , 前田 有紀 , 鈴木 憲次郎 , 奥薗 徹 , 山岡 肇 , 松田 知己 , 中堀 昌人 医学書院 胃と腸
    52巻 10号 (2017年9月)
    pp.1283-1290
    • 有料閲覧
  • 除菌後発見早期胃癌における拡大観察の有用性と限界 名和田 義高 , 荒川 典之 , 遠藤 希之 , 田中 一平 , 海野 修平 , 五十嵐 公洋 , 阿部 洋子 , 鈴木 憲次郎 , 奥薗 徹 , 前田 有紀 , 平澤 大 , 松田 知己 , 中堀 昌人 , 長南 明道 医学書院 胃と腸
    54巻 2号 (2019年2月)
    pp.221-232
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有