Stomach and Intestine(Tokyo) Volume 54, Issue 3 (March 2019)
Japanese

Diagnosis of Esophageal Squamous Cell Carcinoma by Magnifying Endoscopy:Variations of JES Type B2 and Their Interpretation Dai Hirasawa 1 , Ippei Tanaka 1 , Yuki Maeda 1 , Tomoki Matsuda 1 , Masato Nakahori 1 , Kenjirou Suzuki 1 , Kimihiro Igarashi 1 , Yoshitaka Nawata 1 , Shuhei Unno 1 , Shin Inoue 1 , Satoshi Ito 1 , Noriyuki Arakawa 1 , Shoutarou Tomokane 1 , Hiroaki Saito 1 , Akimichi Chonan 1 1Department of Gastroenterology, Sendai Kousei Hospital, Sendai, Japan Keyword: 食道扁平上皮癌 , 日本食道学会分類 , JES Type B2 , NBI拡大内視鏡 , 深達度診断 pp.343-351
Published Date 2019/3/25
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403201604
  • Abstract
  • Look Inside
  • Reference

 The frequency of JES Type B2 esophageal squamous cell carcinoma and the accuracy of its diagnosis were 30.2% and 72.3%, respectively, when this carcinoma was defined as "an area with at least three non-looped blood vessels". When JES Type B2 was used as a predictor of T1a-MM/T1b-SM1, PPV(positive predictive value)was low(24.0%). When JES Type B2 was subdivided into B2-AVA, B2-Inflammation, B2-Narrow, and B2-Broad, only B2-Broad was a useful predictor of T1a-MM and deep lesions with improved accuracy(91.4%)and PPV(70.6%). These results suggest that there are variations of JES Type B2. Of these, blood vessels constituting AVA(B2-AVA)and those suggestive of inflammation(B2-Inflammation)do not contribute to diagnosis of invasion depth. However, for other variations of JES Type B2(B2-Narrow/B2-Broad), the size of the area may be related to the invasion depth of the cancer.


Copyright © 2019, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

05362180.54.3.jpg
胃と腸
54巻3号 (2019年3月)
電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • 通常内視鏡画像の成り立ち─食道 平澤 大 , 前田 有紀 , 長南 明道 , 奥薗 徹 , 鈴木 憲次郎 , 阿部 洋子 , 五十嵐 公洋 , 名和田 義高 , 海野 修平 , 田中 一平 , 井上 薪 , 荒川 典之 , 伊藤 聡司 , 友兼 正太郎 , 中堀 昌人 , 松田 知己 医学書院 胃と腸
    53巻 9号 (2018年8月)
    pp.1244-1251
    • 有料閲覧
  • ─早期胃癌の診断の基本─超音波内視鏡診断 名和田 義高 , 平澤 大 , 齋藤 宏章 , 冨樫 純一 , 伊藤 聡司 , 友兼 正太郎 , 井上 薪 , 田中 一平 , 五十嵐 公洋 , 鈴木 憲次郎 , 奥薗 徹 , 山岡 肇 , 前田 有紀 , 松田 知己 , 中堀 昌人 , 長南 明道 医学書院 胃と腸
    53巻 5号 (2018年5月)
    pp.635-645
    • 有料閲覧
  • 胃癌のEUS診断 前田 有紀 , 平澤 大 , 長南 明道 , 松田 知己 , 中堀 昌人 , 奥薗 徹 , 鈴木 憲次郎 , 阿部 洋子 , 五十嵐 公洋 , 名和田 義高 , 井上 薪 , 海野 修平 , 伊藤 聡司 , 友兼 正太郎 , 冨樫 純一 , 齋藤 宏章 医学書院 胃と腸
    53巻 13号 (2018年12月)
    pp.1726-1736
    • 有料閲覧
  • 胃粘膜下腫瘍の通常内視鏡・超音波内視鏡診断 岩城 智之 , 平澤 大 , 長南 明道 , 井上 薪 , 田中 一平 , 名和田 義高 , 五十嵐 公洋 , 前田 有紀 , 鈴木 憲次郎 , 奥薗 徹 , 山岡 肇 , 松田 知己 , 中堀 昌人 医学書院 胃と腸
    52巻 10号 (2017年9月)
    pp.1283-1290
    • 有料閲覧
  • 除菌後発見早期胃癌における拡大観察の有用性と限界 名和田 義高 , 荒川 典之 , 遠藤 希之 , 田中 一平 , 海野 修平 , 五十嵐 公洋 , 阿部 洋子 , 鈴木 憲次郎 , 奥薗 徹 , 前田 有紀 , 平澤 大 , 松田 知己 , 中堀 昌人 , 長南 明道 医学書院 胃と腸
    54巻 2号 (2019年2月)
    pp.221-232
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有