Japanese

Clinical Courses of the Cases of Crohn's Disease Observed for More Than Five Years S. Tsukasa 1 1The Second Department of Internal Medicine, School of Medicine, Kagoshima University pp.265-275
Published Date 1984/3/25
DOI https://doi.org/10.11477/mf.1403106973
  • Abstract
  • Look Inside

 A study was made of the clinical courses of 25 cases of Crohn's disease observed for over five years. The results obtained were as follows:

 1. The operation was performed once on nine of 13 cases, twice on three and four times on one, and one died of sepsis due to the abscess and fistula developed after the first operation.

 2. One of 12 non-operated cases showed some subjective improvements, nine had no remarkable changes and two showed some aggravation.

 3. The subjective symptoms on admission frequently included abdominal pain, fever and diarrhea.

 4. The non-operated cases showed some radiological aggravations in spite of the absence of subjective remarkable changes.

 5. Of the operated cases, three with virtual cicatrization had a very good prognosis.

 6. Three cases operated on twice involved the formation of ileus, perforation, fistula and abscess, respectively, and respective close relationship of these with granuloma, fissuring ulcer and concomitant lesion was suggested.

 7. Three cases with persisted longitudinal ulcer had a poor prognosis.

 8. Each of the cases with perforations had no little granuloma.

 9. The fissuring ulcer of Ul-Ⅱ was observed in all operated cases, of which those cases with a formation of fistula or abscess had the fissuring ulcer of Ul-Ⅲ to Ul-Ⅳ.


Copyright © 1984, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.

基本情報

電子版ISSN 1882-1219 印刷版ISSN 0536-2180 医学書院

関連文献

  • アフタ様潰瘍から10年以上経過観察したCrohn病の3例 中野 浩 , 長坂 光夫 , 松浦 良徳 , 岩田 正己 , 水田 知佐 , 三沢 美帆 , 伊東 逸朗 , 斉藤 知規 , 外間 政希 , 宇野 浩之 , 野村 知抄 , 神谷 雅人 , 保原 怜子 , 西井 雅俊 , 高濱 和也 , 渡邊 真 医学書院 胃と腸
    34巻 10号 (1999年9月)
    pp.1277-1286
    • 有料閲覧
  • Crohn病診断のきっかけとなる症状・所見 樋渡 信夫 , 棟方 昭博 , 田中 昌宏 , 勝又 伴栄 , 渕上 忠彦 , 北野 厚生 , 西俣 嘉人 , 中村 恭一 , 大柴 三郎 , 八尾 恒良 医学書院 胃と腸
    18巻 12号 (1983年12月)
    pp.1260-1277
    • 有料閲覧
  • S状結腸癌のMass Screening―近接X線テレビ装置によるルーチンX線検査 政 信太郎 , 入佐 俊昭 , 西俣 嘉人 , 西俣 寛人 , 堀 雅英 , 徳留 一博 , 古賀 大士 , 中島 義行 , 柳田 勤 , 谷山 茂樹 , 西俣 寿人 , 森 秀美 , 佐伯 啓三 , 牧 猛 , 美園 俊明 , 山筋 忠 , 石神 信治 , 中馬 康男 , 橋本 修治 , 中原 信昭 , 江平 征郎 医学書院 胃と腸
    12巻 2号 (1977年2月)
    pp.157-168
    • 有料閲覧
  • レントゲノグラムからみた浸潤範囲と深達度の判定―とくに深達度にポイントをおいて 政 信太郎 , 西俣 寛人 , 入佐 俊昭 , 西俣 嘉人 , 堀 雅英 , 徳留 一博 , 古賀 大士 , 中島 義行 , 谷山 茂樹 , 西俣 寿人 , 森 秀美 , 柳田 勤 , 牧 猛 , 美園 俊明 , 山筋 忠 , 石神 信治 , 佐伯 啓三 , 中馬 康男 , 橋本 修治 , 中原 信昭 , 江平 征郎 医学書院 胃と腸
    12巻 8号 (1977年8月)
    pp.1017-1030
    • 有料閲覧
  • 潰瘍性大腸炎のX線診断 政 信太郎 , 西俣 寛人 , 堀 雅英 , 西俣 嘉人 , 入佐 俊昭 , 徳留 一博 , 古賀 大士 , 中島 義行 , 森 秀美 , 柳田 勤 , 谷山 茂樹 , 西俣 寿人 , 佐伯 啓三 , 牧 猛 , 美園 俊明 , 山筋 忠 , 石神 信治 , 中馬 康男 , 橋本 修治 , 中原 信昭 , 江平 征郎 , 大石 功 医学書院 胃と腸
    11巻 8号 (1976年8月)
    pp.977-986
    • 有料閲覧
もっと見る

文献を共有